ソフトバンクの携帯、クラウドで健康管理

13年夏モデルで導入、高齢者向けのシンプル仕様も

そのほか、「AQUOS PHONE Xx」(シャープ)は業界初の「フルセグ」(地上デジタル放送)対応スマホ。クアッドコアCPU、5.0インチのフルHD液晶を搭載している。バッテリーは3080mAhと大容量で、2日間充電なしでも利用可能だ。

「ARROWS A 202F」(富士通)もクアッドコアCPUを搭載。フルセグ対応、5.0インチフルHD液晶で、3020mAhの大容量バッテリーも自慢だ。横幅60.4ミリの手のひらサイズ、短時間で放射線量を測定できる「AQUOS PHONE ss」(シャープ)や、重量94グラムと防水スマホでは世界最軽量の「DIGNO R」(京セラ)なども披露された。今回発表された端末はアンドロイド対応のスマホだ。ハイスペックな機種から女性向けや高齢者向けの機種までそろえており、主力端末であるアップル「アイフォーン5(iPhone5)」をうまく補完するラインアップとなっている。

「つながりやすさ」を強力にアピール

また、4月末の決算説明会に続き、今回も「つながりやすさ」を強力にアピール。孫社長は、細かく基地局を設置する「小セル化」やWi-Fiスポットの急拡大、グループのイー・アクセスが保有する電波を利用する「ダブルLTE」などで、「ソフトバンクのネットワークはつながりやすく、快適に利用できる」と説明した。

さらに、米衛星放送大手のディッシュが名乗りを上げている米国スプリントの買収に関しては、「スプリント傘下のクリヤワイヤ(WiMAX事業者)は2.5ギガヘルツ(GHz)帯の電波を大量に保有しており、この活用法が再生に向けた大きなカギになる。ソフトバンクはこの帯域に最適なLTE規格(※TD-LTEと呼ばれる。現在、ソフトバンクのアンドロイド端末は、TD-LTEと100%互換性のある「AXGP」規格で通信している)をすでに商用化しており、端末も投入している。こうしたノウハウはディッシュ社にはないものだ」と改めて優位性を主張した。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • CSR企業総覧
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
人気の動画
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
漂流する東芝<br>舵取りなき12万人の悲運

再出発したはずの東芝の漂流が止まりません。再建請負人の車谷暢昭社長が電撃辞任。緊張感が増すファンドとの攻防や成長戦略の構築など課題は山積しています。従業員12万人を超える巨艦企業はどこに向かうのでしょうか。

東洋経済education×ICT