16歳少年を殴る「中国ネット言論規制」の現実

習近平政権下で強まる言論への規制<1>

横で話を聞いていた父親の牛胡さん(39歳)は、息子が警察で暴行を受けた話を初めて知ったと言い、憤慨した。

牛胡さんは当時、出稼ぎ先で息子の刑事拘束を知った。刑事拘束であれば、正式に起訴され裁判にかけられる。万一、有罪となれば、まだ中学生の息子の将来に影響する。より軽微な行政拘束や罰金で処理してもらえないか、と警察にかけ合ったが、埒が明かなかった。そこで、弁護士や中国の記者に助けを求めたところ、一部のメディアが、この「異常事態」を取り上げ、世間の耳目を集めるに至った。

それが功を奏したのか、あるいは、警察も未成年で他意が無かったことを汲み取ったのかは不明だが、楊君の扱いは刑事拘束から行政拘束に変わり、7日後には釈放された。

若者らしい潔癖さ

楊君は若者らしい潔癖さを持っている

楊君は「警察が遺族を殴っている」と書いた部分は事実ではなかったと認めているものの、警察の怠慢を指摘しようとした自分の行為自体は「正しかったと思う」と話した。

もし同様の事態に再び直面したら、ネットで発信しますか?と尋ねると、「当然です」ときっぱり応えた。

「正義感を持って発信したものであれば、自分の力で確認できなかったとしても、騒ぎを起こしたとは思いません。人命に関わる案件は、一番に解決しなければいけないのに、警察は数日たっても遺体を取り囲んでいるだけで、何もしなかったのは、いけないと思います」

得意な科目は数学と化学、好きなスポーツはバスケットボール。今、関心を持っているのは、官僚腐敗の問題で、将来は男だから軍隊に入りたい。そう話す楊君は、若者らしい潔癖さを備えた、利発な少年である。そんな少年の書き込みにさえ、当局は神経を尖らせ始めたのだ。これは、習近平体制の発足から6カ月後に起きた事件である。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 内田衛の日々是投資
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 就職四季報プラスワン
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
頂上決戦!ユニクロvs. ZARA<br>ファストファッション新時代

「フォーエバー21」が経営破綻し「H&M」も販売不振。世界のアパレル市場をリードするのは、首位を独走する「ZARA」と、猛追する「ユニクロ」となった。両社に加え、新興勢力の「ワークマン」「デカトロン」も含めた勝ち残り合戦を追う。