消費増によるGDP押上げには新産業が必要

今年の春闘賃上げ率は昨年を下回った

賃金上昇には新しい産業が必要

輸出が増加して利益が増加する場合に、企業は賃上げをするだろうか?これを見るために、営業利益と給与支払額の比率を見よう。製造業について、91年度以降の推移は、図のとおりだ。

それまで0.2~0.3程度だったこの比率は、04~07年に急上昇し、07年度には0.58にまでなった。この期間は、輸出が急拡大した時期だ。輸出が増大すれば利益は為替レート変化率以上に増加することを前回見たが、このとき賃金が上がったわけではなかったのである。そのため、営業利益/給与支払額が顕著に上昇したのだ。

今後、仮に円安が続いて企業利益が増えても、同じことが起こるだろう。つまり、賃上げには回らないだろう。したがって、円安が続けば、輸入物価の上昇による生活コストの上昇だけがもたらされ、労働者の生活は苦しくなるばかりだ。

本来あるべきは、企業が国内で生産する付加価値が増え、それが賃金を増大させるルートだ。重要なのは、国内生産での付加価値である(先に述べたように、海外生産が増えても、国内賃金は増えない)。

そのためには国内生産性が高まらなければならず、さらに、国内の設備投資が増えなければならない。

しかし、その兆候はない。船舶・電力を除いた民需の受注額(季節調整値)は、2月には前月比7.5%増となったのだが、これは1月がマイナス13.1%と大幅減であったことの反動にすぎない。前年同月比で見ると、いまだに8.4%減だ。また、3月の工作機械受注は、対前年比21.6%の減少だ。これらの指標を見る限り、設備投資が増加する気配はまったくない。もう少し長期的なレンジで考えれば、企業は投資をするにしても、国内投資でなく、海外で投資する。だから、このルートも実現が難しい。

結局のところ、「賃金上昇を伴う物価上昇率2%」という目標は、達成できないと考えざるを得ないのである。

ただし、国内に新しい産業が成長すれば話は別だ。それこそが日本経済が活性化する唯一の方向なのである。しかし、これが金融政策の守備範囲外であることは明らかだ。少なくとも、マネタリーベースを増やしたところでどうにもならない問題であることは、論じるまでもない。

週刊東洋経済2013年4月27日-5月4日合併号

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 不安な時代、不機嫌な人々
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT