1ドル100円突破の「Xデー」はいつか

ディーラー歴20年の達人が読む為替

1ドル100円目前で足踏みするドル円相場。このあとどうなるのか(撮影:尾形 文繁)

全国漁業協同組合連合会が燃料費の値上がりで、5月から全国の漁船20万隻の一斉休漁を検討しているという。政府に対策を求めるためなのかもしれないが、円安の影響で燃料が高騰していることは間違いなく、円安の負の側面が出てきはじめたのだろう。

なぜ、なかなか100円を突破できないのか

G20を無事通過したことで、ドル円レートは節目の100円を試しに行ったが、結局3たび100円の上方ブレークに失敗した。100円の上抜けに失敗した理由を考えてみよう。テクニカル的にみると、100円付近はリーマンショック前の高値124円付近からドルの最安値75.円31銭の半値戻し付近になっている。

また、過去の円高局面からの円安局面への反発では、だいたい23~35%ほど円安に反発することが多い。25%なら94円付近、30%なら98円付近、35%なら101円60銭付近となる。円安がここで終わりというわけではないが、一息つくには、いいレベルだったのだろう。

次ページ100円突破を阻んでいる、複数の要因を分析しよう
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • あふれる独自性 ニッポンのすごい研究者
  • 本当は怖い住宅購入
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT