1ドル100円突破の「Xデー」はいつか

ディーラー歴20年の達人が読む為替

1ドル100円目前で足踏みするドル円相場。このあとどうなるのか(撮影:尾形 文繁)

全国漁業協同組合連合会が燃料費の値上がりで、5月から全国の漁船20万隻の一斉休漁を検討しているという。政府に対策を求めるためなのかもしれないが、円安の影響で燃料が高騰していることは間違いなく、円安の負の側面が出てきはじめたのだろう。

なぜ、なかなか100円を突破できないのか

G20を無事通過したことで、ドル円レートは節目の100円を試しに行ったが、結局3たび100円の上方ブレークに失敗した。100円の上抜けに失敗した理由を考えてみよう。テクニカル的にみると、100円付近はリーマンショック前の高値124円付近からドルの最安値75.円31銭の半値戻し付近になっている。

また、過去の円高局面からの円安局面への反発では、だいたい23~35%ほど円安に反発することが多い。25%なら94円付近、30%なら98円付近、35%なら101円60銭付近となる。円安がここで終わりというわけではないが、一息つくには、いいレベルだったのだろう。

次ページ100円突破を阻んでいる、複数の要因を分析しよう
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • コロナ後を生き抜く
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権が誕生しても<br>「安倍時代」は終わらない

牧原出氏執筆の連載「フォーカス政治」。9月16日に菅新首相が誕生しましたが、施策の基本線は「安倍政権の継承」。惜しまれるように退任し、党内無比の外交経験を持つ安倍前首相は、なお政界に隠然たる影響力を保持しうるとみます。その条件とは。

東洋経済education×ICT