“ギャンブル化”する日銀の金融政策

行きすぎた円安と不動産バブルのおそれ

「高額の新築マンションが分譲されるようになり、販売も順調なようだ」というのは東京カンテイの中山登志朗・上席主任研究員。象徴が東京都千代田区富士見の2物件だ。三井不動産グループが販売するパークコート千代田富士見ザ・タワーの坪単価は約420万円。東京23区の平均坪単価約290万円に比べ4割以上も高い。にもかかわらず、総戸数505戸を3月に完売した。野村不動産のプラウドタワー千代田富士見レジデンスの坪単価は約450万円。第1期販売85戸は、4月14日の抽選で完売するペースで申し込みを受けているという。

日銀が01~06年に量的緩和を行うと、07年に不動産株指数、08年に公示地価が、高値をつけた(図)。今回の異次元緩和後も同様の動きになるかどうかはわからない。しかし、期待に働きかける黒田総裁の狙いがうまく機能すれば、不動産価格が上昇する可能性はある。

不動産価格は、賃料収入との見合いで定まるもの。オフィスや住宅の賃料が上がれば、物件価格の上昇も理にかなう。しかし、緩和の効果が景気の浮揚に結び付き、企業収益が増え、賃金が上がるということがなければ、不動産賃料は上昇し難い。そのときは、不動産価格の上昇はバブルだった、ということにな る。

そもそも資産価格の上昇を通じて消費や投資を活発化させ、景気を浮揚させるという資産効果は、米国で取られた手法。米国の家計資産に占める株式の比率は33%あり、株価が上昇すれば消費もある程度上向く。しかし日本は同7%。株価が上昇しても資産効果は限定的だろう。

異次元緩和は、政府・日銀の狙ったとおりの物価上昇・景気拡大が実現しない可能性がある。そのときに残るのは、世界でも類を見ないほどに膨張した中央銀行のバランスシートと、先進国で最悪水準の政府債務だ。日本円、日本国債に対する信認が失墜したとき、日本国民の生活は窮地に追い込まれる。異次元緩和の副作用にも十分注意しておかなければならない。

週刊東洋経済2013年4月20日号

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 内田衛の日々是投資
  • 若者のための経済学
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
今年こそ始めるプログラミング<br>AI時代の必須スキル

あらゆる産業でITとの融合が加速し、プログラミングは新たなビジネスや業務効率化に必ず役に立ちます。基礎的な考え方や実際の例文(コード)を満載してゼロから説明。4月から小学校で必修となる、教育の最前線もお届けします。