クルム伊達公子46歳、来年復帰を目指す

ひざ手術のリハビリは順調

 9月22日、女子テニスの元世界ランク4位で、ひざの手術からリハビリ中のクルム伊達公子が来年復帰を目指す意向を示した。2015年1月撮影(2016年 ロイター/Issei Kato)

[22日 ロイター] - 女子テニスの元世界ランク4位で、ひざの手術からリハビリ中のクルム伊達公子が来年復帰を目指す意向を示した。

来週で46歳になるクルム伊達は4月に手術を受け、1月に行われた全豪オープン予選を最後にプレーから離れている。

クルム伊達は「(完治には)1年を要すると言われているが、それより長くかかるか、短くなるか。ここまでは順調で日常生活に支障はない。アスリートとして筋肉を調整しなければいけないし、けがをしっかりと直したい」と語った。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 今さら聞けない競馬のキホン
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。