クルム伊達公子46歳、来年復帰を目指す

ひざ手術のリハビリは順調

 9月22日、女子テニスの元世界ランク4位で、ひざの手術からリハビリ中のクルム伊達公子が来年復帰を目指す意向を示した。2015年1月撮影(2016年 ロイター/Issei Kato)

[22日 ロイター] - 女子テニスの元世界ランク4位で、ひざの手術からリハビリ中のクルム伊達公子が来年復帰を目指す意向を示した。

来週で46歳になるクルム伊達は4月に手術を受け、1月に行われた全豪オープン予選を最後にプレーから離れている。

クルム伊達は「(完治には)1年を要すると言われているが、それより長くかかるか、短くなるか。ここまでは順調で日常生活に支障はない。アスリートとして筋肉を調整しなければいけないし、けがをしっかりと直したい」と語った。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 越湖信一のスーパーカー列伝
  • トクを積む習慣
  • コロナ後を生き抜く
  • 精神医療を問う
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権が誕生しても<br>「安倍時代」は終わらない

牧原出氏執筆の連載「フォーカス政治」。9月16日に菅新首相が誕生しましたが、施策の基本線は「安倍政権の継承」。惜しまれるように退任し、党内無比の外交経験を持つ安倍前首相は、なお政界に隠然たる影響力を保持しうるとみます。その条件とは。

東洋経済education×ICT