米ヤフー、2014年に5億人の情報流出 

国家の支援を受けたハッカー攻撃か

 9月22日、米ヤフー、2014年に少なくとも5億人のユーザー情報が盗まれたと明らかにした。写真はラップトップコンピューターを持つ男性。2013年6月撮影(2016年 ロイター/Kacper Pempel)

[22日 ロイター] - 米インターネット検索大手ヤフー<YHOO.O>は22日、2014年に少なくとも5億人のユーザーに関する情報が盗まれたことを明らかにした。国家の支援を受けたハッカー攻撃との見方を示している。

流出したとみられるデータは、氏名や電子メールのアドレス、電話番号、生年月日、暗号化されたパスワードなど。保護されていないパスワードや決済カード、銀行口座などの情報は含まれていないもようと説明している。

ヤフーは事件について、当局とともに取り組んでいるとした。

サイバー攻撃による情報流出として過去最大となる可能性がある。

コンピューターセキュリティの専門家、ブルース・シュナイアー氏は、ハッカーの身元など不明な点が多く、今回の情報流出がヤフーとそのユーザーにどのような影響を与えるのかはまだ分からないと述べた。

ヤフーがいつ、情報流出事件を認識したのか、事件を公表するまでになぜ2年間もかかったのかについては、現時点では明らかではない。

今回のヤフーの情報流出は、他の同様のデータ流出事件と比べても前例のない規模だ。2014年には米電子商取引大手イーベイ<EBAY.O>で、およそ1億4500万人の個人情報が流出する事件が起きている。

米情報当局の関係者は、匿名を条件に、ロシアの情報当局が関与、もしくは指示した過去のハッカー攻撃と似ている、との見方を示した。

*内容を追加します。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和の新教養
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
5G革命<br>勃興する巨大市場をつかめ!

現在の「4G」に続く、新しい移動通信システム「5G」。「超高速」だけではなく「超低遅延」「多数同時接続」が可能になり、私たちの暮らしやビジネスはがらりと変わる。動画配信、ゲーム、自動運転、スマート工場や通信業界の未来像を紹介。