32歳高年収女子、「モテ女テク」に悶絶した!

東京カレンダー「崖っぷち結婚相談所」<5>

難解な「モテ」の秘密を前にして、打ちのめされる
典型的な結婚できない女、杏子、32歳。
慶應大学卒業後、丸の内の某外資系金融でセールス職に就き、年収は2000万円を優に超える。
美人だがプライドが高くワガママな彼女は、男運が悪く全くモテない。さらにハイスペックゆえ、男が近寄りたくない女ナンバーワンとまで噂されている。
恋愛市場で負け続け、さすがに危機感を持ち始めた杏子。そんな彼女は婚活に本腰を入れることを決意し、結婚相談所に登録をした。そして初のマッチングデートを済ませたものの上手く行かず、婚活アドバイザーの直人から痛烈なダメ出しを受けてしまったが……?

出された宿題は予想以上に重かった

「東京カレンダー」(運営:東京カレンダー株式会社)の提供記事です

――あの女と私は、一体何が違うの……?

「食事会にイイ男はいないとか、そういった固定観念や高飛車な思想は捨てて、とにかく出会いの機会は逃さないようにしてください。少なくとも、杏子さんはもう少し異性に慣れてください」

婚活アドバイザーの直人に口を酸っぱくして何度も言われたため、杏子は久しぶりに食事会に参加してみることにした。

もちろん、婚活のメインは結婚相談所だ。杏子はその後、自分からも3人の男性に「会いたい」のオファーを出した(自分からオファーなんて出したくはなかったが、直人に強制された)。

さらに直人は、次のマッチングデートまでに、できるだけ杏子自身でも男性と触れ合う機会を作り、モテる女の観察をするよう指示した。要は宿題を出されたようなものだ。

次ページ受験や就活と同じものなのか
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和の新教養
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。