男性は北野映画を見て勉強してほしい

LiLiCoが語る「見るべき」映画とは

――『アウトレイジ ビヨンド』といえば、北野武監督の作品としては初めて国内興行ランキングで初登場1位を獲得し、興収14億5000万円を記録したヒット作です。LiLiCoさんはどこに魅力を感じましたか?

かっこいいですし、わかりやすいですよね。(ビートたけし演じる主人公)大友になった気持ちで観ると、ラストシーンでそうとうスッキリすると思うんです。たとえ嫌な上司がいたとしても、ストレス解消にもなりますし、勇気をもらいたい人は絶対に観たほうがいいですよ。そういうところがすごく魅力的だなと思います。

男性もこういう作品を観て勉強してほしいですよ。筋を通す男っていちばんカッコいいですからね。礼儀とか仁義を大切にすると、世の中の仕事はもっとうまくいきますよ。みんな「不景気です。不景気です」とか言っていますけど、それは何にもしないからですよ。

外国人のほうが日本の礼儀を知っている

――ラモス瑠偉さんの例を出すまでもなく、外国出身のほうが仁義や礼儀にこだわる人が多いように思います。LiLiCoさんとお話をしていると、あらためてその思いが強くなります。

日本に来る外国人は、日本の歴史をよく知るお年寄りの礼儀や、近所付き合いに感銘を受けることが多い。厳しいことを言うおばちゃんだっているでしょうけど、それでもちゃんと笑顔で「こんにちは」と言えばいいだけですからね。

それもひとつのコミュニティーですよ。外国人は日本のそういうところにほれ込むのです。むしろ外国人のほうが「つまらないものですが」みたいな感じで、近所の方にお土産を渡したりしますよ。

かつて私の好きな言葉は「義理人情」だったんです。その後、あまりにもうまくいかなくてどん底に落ちたので、「一生懸命」になったんです。そしてその「一生懸命」を「適当」に変えたら売れてしまった……。なんか不思議な感じですけどね(笑)。とはいえ、「義理人情」という言葉は今でも好きですよ。

(撮影:今井 康一)

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • iPhoneの裏技
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT