バーは大人の学校である

新人が、癒しと学びの場を使いこなすための3つの心得

日本のビールのルーツ、
ドイツビールとアメリカのビール

さて、ビールといえばドイツビール、という方も多いのではないでしょうか?

ドイツビールといえば、ピルスナー。下面発酵の、黄金色のビールをこう呼び、日本のビールも初期の製造はピルスナーのレシピに倣っていました。

代表的な銘柄は、ヴァルシュタイナーやイエバーなど。

そうそう、ピルスナーの品質では、チェコも負けてはいません。世界最高品質のホップがとれるので、味のクオリティは推して知るべし、です。

日本で飲めるのは、ピルスナー・ウルケルまたはバドバー(ブドヴァル)。ブドヴァルは、元祖バドワイザーとしても有名です。

南ドイツでは、小麦を使ったヴァイツェンが主流。これは、主に、ミュンヘン近郊、バイエルンの修道院が、その昔、小麦を使ったビール造りをしていたところから始まっていて、当時は庶民が口にすることはできなかったそうです。

代表的な銘柄は、ポーラナー・ヘーフェ・ヴァイスビアや、フランツィスカー・ヘーフェ・ヴァイスビアなど。

そのほか、ドイツにはケルンのケルシュや、旧東ドイツの黒ビールで、かつては文豪ゲーテが愛飲していたというケストリッツァー・シュバルツなどがありますが、街の数だけビールがあるというお国柄。興味のある方は専門のガイドブックで。

最後に、最近はデパートなどでも見かけるようになりましたが、アメリカ・サンフランシスコの有名なクラフトビールメーカー、アンカー社を紹介しておきます。

アンカーは、アメリカのほかのメーカーのように、規模の拡大を図るのではなく、ヨーロッパの伝統に忠実な、上質のクラフトビールを造り続けることを企業理念として掲げている会社です。

ロンドン生まれのポーターは言うに及ばず、秋に造って春に飲む長期熟成ビールのボックや、毎年レシピの変わるクリスマス・ビールなど、仕入れる側も楽しい品ぞろえなので、Hollyのお客さまにもファンが多くいらっしゃいます。

「酒は大人の教養である」も、今回が最後。いろいろなお酒の基本的な知識をお伝えしてきましたが、最後に、一言。「酒は語るものではなく、飲むものである」。バーで好みの1杯に出会うための知識として、ご活用くださいませ。

次ページカウンターの中から“いま”を見ると
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ニッポンの出産は安心・安全なのか
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和の新教養
  • 読んでナットク経済学「キホンのき」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
頂上決戦!ユニクロvs. ZARA<br>ファストファッション新時代

「フォーエバー21」が経営破綻し「H&M」も販売不振。世界のアパレル市場をリードするのは、首位を独走する「ZARA」と、猛追する「ユニクロ」となった。両社に加え、新興勢力の「ワークマン」「デカトロン」も含めた勝ち残り合戦を追う。