本屋の「文教堂」、アニメ・文具で打開できるか

筆頭株主が大日本印刷から日販に変わる意味

日販は「Sta×2(スタスタ)」という文具売り場パッケージを2012年7月に導入。また、子会社のダルトンで雑貨の取り扱いを行っている。こうした文具・雑貨などの開発商品売り上げは、327億円で日販単体売り上げの約6%にまで成長した(2015年度)。ただし、この数年は成長ペースが鈍化、返品率が上昇していた。

「その点、文教堂は書店チェーンの中では文具・雑貨に強い。日販は、そこに着目して今回の資本提携に踏み切ったのでは」と業界関係者は指摘する。

文教堂は、約200ある店舗のうち3割強の店舗で文具の販売を行っている。文教堂社内に文具の開発仕入れを行う部隊を擁する。毎年のように既存店舗の改装を行い、文具取扱店を増やしている。日販から見れば、「Sta×2」の新たな販路としての期待は大きそうだ。

「アニメガ」でアニメグッズを開発・販売

文教堂の得意分野がもう1つある。それは「アニメガ」店で販売するアニメグッズだ。「アニメガは、出版社と協力してオリジナルグッズを開発・販売している。若い世代を中心にファンが多く、開店前に数百人の行列ができたこともある」(文教堂ホールディングス・宗像光英常務)。たとえば、昨年はアニメ「刀剣乱舞」関連グッズを発売したところ、入店整理券が必要なほどの盛況ぶりだった。

文教堂では、アニメを含むグッズの販売を強化するため、本社隣のビルにグッズ開発の専門部隊を設置。自社開発商品の開発を強化している。

その効果もあり、2016年8月期営業利益は3期ぶりに黒字復帰を果たした模様だ。「既存の書籍・雑誌の販売減を文具やアニメガでどれだけ埋めることができるか。この数年は書籍・雑誌が減るスピードのほうが早かったが、今年になって文具やアニメグッズが収益貢献している」。宗像常務も、非「書籍・雑誌」路線への手応えを感じているところだ。

そして10月末、日販との資本業務提携。業務提携の内容は、「①文具・雑誌を始めとする複合商品の共同開発、②アニメ関連商品等のオリジナル消費・PB商品の共同開発及び展開」と開示されている。「提携の狙いは、書店業界全体の活性化(日販広報チーム)」。業界活性化のカギは、文具・アニメグッズなど非「書籍・雑誌」分野で、どれだけ魅力的な商品開発ができるかにかかっている。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 買わない生活
  • 映画界のキーパーソンに直撃
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大乱世の思想ガイド<br>マルクスvs.ケインズ

戦後社会の信念とイデオロギーが崩れ落ちる今、危機を乗り越えるための思想が必要です。脱経済成長を旗印に支持を広げる新マルクス主義とコロナ禍で完全復活したケインズ主義を軸に、大思想家が残した知恵を学び直します。

東洋経済education×ICT