瀬古チーム、“駅伝日本一"への重圧

DeNA陸上チームが発足、マラソン選手育成は後回し

DeNAの守安功社長(左)は「小学校のころ瀬古(利彦氏・写真左)さんのレースをテレビで見ていた」との話を披露した

「(守安功)社長には3年後に優勝と言ってしまったが、甘くない。コニカミノルタ、日清食品グループ、旭化成が3強として君臨している。歴史のあるチームに勝つのは難しい」。瀬古氏は結団式における守安社長とのやり取りで、こんな話を明かした。

これは間違いなく瀬古氏の本音だろう。しかし、DeNAが継続的に陸上チームを保有するインセンティブ(動機づけ)を働かせるためにも、有力な選手を獲得するためにも、瀬古チームは、駅伝日本一、少なくともそれに絡めるようなアピールもしていかなければならない。

成果は早々に求められる

3年後の優勝が目標だが、早速、来年(2014年)の出場を目指すニューイヤー駅伝から、一定の成果が求められそうだ。今年12枠の出場権があった東日本予選は、少なくとも突破したいところだ。「今年はニューイヤー駅伝に集中し、選手を(フル)マラソン(42.195キロメートル)へは出場させない」と漏らした瀬古氏には、相当な“重圧”がかかっている。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • おとなたちには、わからない
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
2050年の中国<br>世界の覇者か、落日の老大国か

米国と並ぶ超大国を目指す中国。しかし中国の少子高齢化はこれまでの想定を超える速さで進行しています。日本は激変する超大国とどう付き合うべきか。エマニュエル・トッド、ジャック・アタリ、大前研一ら世界の賢人10人が中国の将来を大胆予測。

東洋経済education×ICT