瀬古チーム、“駅伝日本一"への重圧

DeNA陸上チームが発足、マラソン選手育成は後回し

その狙いは、DeNAの企業イメージを高めるためだ。元旦の朝から5時間あまりにわたって全国のテレビを通じて生中継されるニューイヤー駅伝で優勝できれば、実況で企業名が連呼され、絶好のPR機会となる。DeNA側は、少なくとも上位に絡むレースを期待している。それができなければカネを出す意味がない。

一方、駅伝のテレビ解説でおなじみの瀬古氏だが、これまでヱスビー陸上部は駅伝とは距離を置いてきた。その背景は東洋経済オンラインが1月11日に配信した「瀬古チーム、駅伝参入は苦渋の決断か」で報じているので詳細は割愛するが、つまり、DeNAランニングクラブはチームとして新たに駅伝へ取り組むことになる。結団式での会見後、東洋経済オンラインの個別取材に応じた瀬古氏は、「駅伝に出るのは会社(DeNA)の方針」と説明した。

層の厚い陣容が必要

チームとしては経験のない駅伝。旧ヱスビー陸上部は名門として知られるが、たった3年でニューイヤー駅伝に優勝するという目標は、現時点ではかなりハードルが高い印象がある。DeNAランニングクラブには、箱根駅伝で大活躍した上野裕一郎選手や、ロンドン五輪の1万メートルで5位に食い込んだビタン・カロキ選手といったスターがいるが、駅伝はあくまでチームプレー。仮にニューイヤー駅伝で優勝しようとするならば、7区間すべてで上位争いできなければならない。層の厚い陣容が必要となるのだ。

新生・瀬古チームはそもそも9人しかいないうえ、旧ヱスビー食品陸上部のメンバーは5人。4人は新規加入で、そのうち2人は大学卒のルーキーだ。上野選手と並ぶ箱根駅伝のスーパースターで、5000メートルでロンドン五輪に出場した竹澤健介選手が、今回のタイミングでチームを離脱してしまっていることも痛い。

実力や実績のある選手をほかのチームから引き抜ければいいが、実業団陸上界では有力選手が他チームにバンバン移籍するような風土はない。それに、基盤の安定したチームから、実績がなく、まだ海のものとも山のものともつかぬDeNAに移籍するのは選手にとってリスクであり、現実的でない。ルーキーの獲得も同じだ。

次ページ瀬古氏が思わず漏らした本音とは?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • コロナ後を生き抜く
  • 今見るべきネット配信番組
  • 森口将之の自動車デザイン考
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ついに上場廃止、大塚家具の末路
ついに上場廃止、大塚家具の末路
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本人に多い「腸を汚すフルーツの食べ方」4大NG
日本人に多い「腸を汚すフルーツの食べ方」4大NG
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
2050年の中国<br>世界の覇者か、落日の老大国か

米国と並ぶ超大国を目指す中国。しかし中国の少子高齢化はこれまでの想定を超える速さで進行しています。日本は激変する超大国とどう付き合うべきか。エマニュエル・トッド、ジャック・アタリ、大前研一ら世界の賢人10人が中国の将来を大胆予測。

東洋経済education×ICT