黒田総裁大喜び?消費者マインドが急好転

日本銀行のアンケート調査でわかったアベノミクス効果

金融政策決定会合の前も後も上機嫌に?(撮影:尾形文繁)

金融政策決定会合の直前、この結果を見た黒田東彦新日本銀行総裁は、「期待」の変化に自信を深めたに違いない。

消費者の心理は明らかに好転

アベノミクス効果から消費者の”マインド”が急好転している。それが見て取れるのは、日銀が4月1日に公表した「生活意識に関するアンケート調査」(調査期間は2013年2月7日~3月6日)の結果だ。1993年以降、全国の4000人(満20歳以上)を対象に行われている調査で、「生活者の意識や行動を大まかに聴取する一種の世論調査」と位置づけられている。

目を引くのが1年後の景況感DI(「良くなる」-「悪くなる」)の激変である。12年12月調査でマイナス33.1だったものが、3カ月後の今回では6.8と一気にプラスに転じた。リーマンショック以後、マイナスからプラスに転じたのは今回が初めて。それだけでなく、過去調査でも最も高かった06年3月のプラス5をも上回った。

次ページ景気はよくなっても自分の懐となると…
人気記事
トピックボードAD
  • 就職四季報プラスワン
  • 発達障害者と働く時代
  • 経済学で読み解く現代社会のリアル
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
シャープ製パネルで相次ぐ<br>火災事故の深層

19件中10件がシャープ製。消費者庁のデータに登録されている、太陽電池パネルに関連した火災事故の数だ。「原因が特定できない」とし、製品リコールに否定的なシャープ。対策が急務。