「八百長相場」の日本株できっちり儲ける方法

日銀のシークレットブーツ効果はハンパない

しかも、人間ではまず起こらないことだが、株価にあっては、シークレットブーツを履いている間に、履いている本人の背が伸びるようなことが起こり得る。この場合に、八百長を嫌って「見」(「ケン」。馬券を買わずにレースを見ること)を決め込んで、みすみす当たり馬券を見逃すのは惜しい。

見かけ上のリスクが低下している

日銀のETF買いは、「下がっても、買いが入る」という、なにがしかの安心感につながっていることは確かだ。心理的にも影響の大きな八百長だが、主催者公認であり、ご親切にも、当面止めないことが予告されている。

そして、その他の要因も「見かけ上のリスクが低下する」方向に動いているように見える。

いわゆる「ブレグジット」(英国のEU離脱)は当面深刻な影響をもたらさないらしいことが、分かってきた。何より、英国の株価が元気だ(本当に問題なのは、むしろ欧州の側だが)。

もし米国で「トランプ大統領」が実現したら、一気に不確実性が増大しそうだったが、彼の奇妙な人気は、当面のムードとしてピークを過ぎた。色物タレントが賞味期限切れを起こしたような案配だ。トランプ・リスクも、以前よりも低下した。

原油価格の下落は、発生当初は金融的な不安要因だったが、急激に起こる問題がないとすれば、少なくとも日本経済にとって、時間の経過と共にプラスだ。

ここで、円高のリスクさえ押さえ込めるなら(日銀の今後の対応にかかっているが)、株式投資家が意識すべきリスクは、少々前よりも明らかに低下している。

ついでに、細かい問題だが、裁定取引の買い残が小さいのも結構なことだ。リスクが低下しているとは、リスクに要求される期待リターンである「リスク・プレミアム」が低下するということであり、株式のあるべき理論価値(ファンダメンタル・バリュー)は上昇するということだ。それは、シークレットブーツを馬鹿にしているうちに、実は使用者の身長が伸びていた、というような状況があり得ることを意味する。

投資のセオリーとしては、需給で無理に動かした価格は、「買い」なり、「売り」なりが止まると元に戻りやすいので、有利な賭けのチャンスは「需給対策の逆を張るチャンスを探すこと」だ。

加えて、もともとマーケットに生きる者は、神聖なる市場価格に、需給で介入しようとする「汚い手」が好きになれまい(筆者も嫌いだ)。しかし、相場でも、ギャンブルでも、張り方を決める時には、「好き嫌い」の要素を除外しなければならない。客観的には、シークレットブーツが好きでなくとも、身長の伸びに賭ける方が有利な時期が来ているのかも知れない、と申し上げておく。

次ページここからは競馬ファン向け。京成杯で秋競馬開幕!
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 僕/私たちの婚活は今日も終わらない
  • ドラの視点
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
最新! 危うい会社リスト<br>7つの指標で徹底解析

高成長会社と危ない会社は紙一重。業績順調な企業も先行きは安心できません。突然巨額赤字に陥る、そもそも行き詰まっているなど、将来リスクを抱える会社を多様な切り口でリストアップしました。7つの指標であなたにも見分けられます。