日本株「上昇後に下落」の展開を見込むわけ

市場参加者の「米景気・金利観」が定まった

FRBのイエレン議長(右)とフィッシャー副議長(左)(写真:AP/アフロ)

先週発表された米国の諸経済指標をみると、事前の市場の期待を下回るものが目に付いた。特に8月のISM製造業指数(1日発表、7月の52.6から49.4に低下、市場予想は52.0)や雇用統計(2日発表、非農業部門雇用者数前月比は7月の27.5万人増から15.1万人増に減速、市場予想は18.0万人増)が公表された直後は、米ドル相場の短期的な下振れもみられた。

しかし週を終えてみれば、ドル円相場は上昇し、104円近辺で引けている。株価も、ニューヨークダウ工業株指数は、木曜日はザラ場安値から切り返し、週末金曜日も上昇した。こうした市場の動きについて、「経済統計が弱かったので利上げ懸念が後退し、それによって株価が上昇した」という解説もあるようだが、米10年国債利回りが上昇気味で1.60%台を回復したことと矛盾する。

魔法を生んだFRB副議長の援護射撃

おそらく正しい解釈は、8月26日(金)のイエレンFRB議長のジャクソンホール会合における講演内容、並びにその直後のCNBCとのインタビューにおけるフィッシャーFRB副議長の「援護射撃」(フィッシャー副議長の方が「主役」だったとの声も)により、雇用中心に米経済が堅調であり、年内確実に利上げを行なうとの景気・金利観が、市場参加者に深く刻み込まれた、といったものではないだろうか。

その「魔法」に投資家がかかり、通常なら少しでも弱い経済統計が出ると、米ドル売りに走りそうな市場が、「いやこの程度の数値であれば、米国経済回復の流れを阻害するような内容ではない」と解釈したのだろう。したがって、長期金利は若干ながら上昇気味で推移し、米国株価は金利上昇懸念より景気回復期待が勝って強含み、米ドルも対円で上昇したのだろう。

次ページ米国で魔法が解けるのは…
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT