「八百長相場」の日本株できっちり儲ける方法

日銀のシークレットブーツ効果はハンパない

問題は、このシークレットブーツのおかげで、真の身長ならぬ、真の株価、言い換えると「自然体で形成される株価」が分からなくなったことだ。

芸能人の本当の身長が分からなくても実害はない。だが、「ETF買いがなければ、株価は幾らなのだろうか?」ということが分からない投資家の悩みは案外深い。

株式投資の基本は長期投資だ。「異次元緩和」が終わった後に、我が持ち株がどうなるのかを考えてから、株は買いたいと思うのが人情だ。結婚して(≒株主になってみて)一緒に住んでみて、靴を脱いで暮らしたら、相手はずいぶん背の低い人だった、というような事態は、できれば避けたい。

相場は「八百長!」も同然だが、投資家は当てたい

加えて、「細工」はシークレットブーツ(ETF買い)だけではない。年間80兆円の国債購入とマイナス金利政策によってマイナスゾーンにまで落ち込んだ長期金利も悩みの種だ。シークレットブーツに加えて、頭上には高く盛られたカツラまで乗っているような有様だ。益々、真の身長は分からない。

この政策がいつかは終わるだろうと予想することは当然だが、「自然に形成された長期金利を前提とすると、適正な株価は幾らなのだろうか?」という悩みも投資家には存在する。

もっとも、これらの政策をいつになったら止められるのか、止めるときに無事に済むのかを考えると、本当に悩みが深いのは日銀の方かも知れない(筆者は、さっさと財政的政策を組み合わせるべきだと考えている)。

現在、自然でない株価が形成されていることは、なにがしかの事実だ。我々の好きな競馬にたとえると、いわば、明らかに軽ハンデなのだが斤量の分からない馬が混じっているレースで馬券を買うような状況が目下の株式投資だ。

思わず「八百長だ!」と叫びたくなるかも知れないが、この八百長は、主催者公認であり、馬券は販売されているのだから、私に言わせれば買うからには当てなければならないのが、投資家であり、ギャンブラーだ。「八百長も競馬のうち」と割り切って、好き嫌いを抜きに冷徹に予想し、賭けるのが、正しい勝負師の姿だ。

次ページ「シークレットブーツ」は、安心材料と割り切る
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • おとなたちには、わからない
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ドラッグストア再編第2幕<br>マツキヨ+ココカラに続くのは…

スギHDが先手を打ったココカラファイン争奪戦は、マツモトキヨシHDの勝利で決着。1月をメドに新たなトップ企業が誕生します。数年内に3社程度への集約が見込まれる次の再編の焦点は? 首位を追われるツルハHDのトップ直撃も。