コーヒーに全てを捧ぐ男のこだわりと寄り道

「至高の一杯」の裏には妥協のない努力がある

――いよいよ、コーヒーハンターとして独立しようと思われたのは。

川島氏:やはり「コーヒーのためにできることは、すべてやる」と考えた結果、畑の選別から栽培・収穫、そして精選加工、冒頭でお話しした輸送、保管、焙煎、包装までを一括して独自の基準で、一切の妥協なく、自らやることで、新しいコーヒーカルチャーを生み出したいと思ったからでした。

そうして、2008年、独立してミカフェートを立ち上げました。

至高の一杯を届けるために込められた想い

至高の一杯を届けたいという想いで、私をはじめスタッフ皆で取り組んでいます

川島氏:ミカフェート(Mi Cafeto)、スペイン語で"私のコーヒーの樹"を意味します。この名前には、お客様ひとりひとりに"私の"と思っていただけるコーヒーの樹を、一本でも多く育てようという熱い想いが込められています。

それは、私が探しまわって見つけた、選ばれたコーヒーの果実を育てる特別な農園に立つ、誇り高き一本の樹なのです。世界中の生産者とコーヒーを愛する人々を結ぶ、至高の一杯を届けたいという想いで、私をはじめスタッフ皆で取り組んでいます。

私はコーヒーを「フルーツである」と言い、またよくワインとも比較するのですが、70年代、私が日本を出た頃は、コーヒー業界が賑わいを見せる一方で、ワイン業界はデザートワインが主流で、レベルも高いものではありませんでした。

ところがその後のワイン業界は、産地、品種、高度と明確に分けられ、どんどん情報公開されて今の賑わいが作られました。

一方のコーヒー業界は、もっともCSRがしやすい世界だと思うのですが、それが不十分なままでした。まだまだ伝えきれていないコーヒーの魅力はたくさんあり、私がやるべきこともまだまだたくさんあると思っています。

次ページ動かし続けるパワーはどこから湧いてくるのか
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 御社のオタクを紹介してください
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 令和を生きる若者のための問題解決法講座
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
頂上決戦!ユニクロvs. ZARA<br>ファストファッション新時代

「フォーエバー21」が経営破綻し「H&M」も販売不振。世界のアパレル市場をリードするのは、首位を独走する「ZARA」と、猛追する「ユニクロ」となった。両社に加え、新興勢力の「ワークマン」「デカトロン」も含めた勝ち残り合戦を追う。