一流の経営者ほど松下幸之助に惹かれる理由

孫正義も憧れる名経営者の言葉は色褪せない

今年7月に英半導体設計会社 ARMホールディングス買収を発表した際、孫氏は「将来から逆算して買収に踏み切った」と発言している。この発言は「経営というものは5年先、 10年先を常に考えなくてはいけない。そこから今、何をすべきかを考えるのが経営者の役割である」という、孫氏が好きな幸之助語録の一節と似かよっている。週刊東洋経済は9月3日号(8月29日発売)で『不滅のリーダー 松下幸之助』を特集。そんな松下幸之助の人生哲学と評伝を52ページにわたって取り上げている。

没後27年たっても毎年10万部の『道をひらく』

孫氏だけではない。日本を代表する企業家の間で幸之助は今も根強い人気がある。

たとえばファーストリテイリング会長兼社長の柳井正氏は、人生でもっとも大きな影響を受けた人物として松下幸之助とピーター・ドラッカーの2人を挙げている。松下幸之助の著書をほぼすべて読んだと公言し、近著でも幸之助が提唱した「無税国家論」についての論評に最終章を割いた。

エイチ・アイ・エス創業者の澤田秀雄氏も、松下幸之助の『人を活かす経営』を愛読書に掲げる。幸之助の教えを愛するがゆえに、松下政経塾の評議員を一時つとめ、幸之助の薫陶を直接受けたパナソニックの元副社長をエイチ・アイ・エスの社外取締役に招聘した。

1989年に幸之助が没してから27年たつが、いまだに著書は売れ続けている。その代表作『道をひらく』は、1968年の初版以来、着実に発行部数を伸ばしてきた。2002年に400万部、13年に500万部、15年5月に520万部を突破。9月にも増刷が予定される驚異のロングセラーとなっている。

「週刊東洋経済」は定期購読者向けのオリジナルサイト「週刊東洋経済プラス」をオープンしました。「東洋経済ID」でログインすると最新号の一部記事を無料で読むことができます

これほど長期にわたって、年間10万部のペースで売れ続ける本は『道をひらく』を除いてない。このペースでいけば580万部の『窓ぎわのトットちゃん』を抜き、首位になる日もありえる。幸之助は、戦後の日本における元祖カリスマ経営者であると同時に、戦後最も多くのビジネス書を売ったベストセラー作家といえるのだ。

彼の説く話は、人生と仕事に関する基本的なルールが中心である。「行き詰まったら自分より世間が正しいと考える」「チャンスを引き寄せるには腐らず働く」――。このような言葉は一見シンプルだ。しかし、第一線で活躍する多くのリーダーたちが、こうした言葉に気づきを得て、仕事への向き合い方を変えたと本誌特集内で証言している。

従来、中高年の男性が中心読者だったが、最近では女性の幸之助読者も増えている。こうした新しい読者層は、幸之助が何をしたのかをよくは知らない。ただ純粋に言葉の良さに引かれ、自己啓発書の延長として読んでいるという。

日本の家電産業は衰退したが、幸之助の言葉は決して色あせていない。年齢や性別、地位にかかわらず、人生をよりよく生きる上で忘れがちな、しかしけっして忘れてはいけない言葉が、詰まっているのだ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 内田衛の日々是投資
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 就職四季報プラスワン
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大赤字のソフトバンクグループ<br>それでも強気を貫く根拠

収益に大きな貢献を続けてきたファンド事業がグループの決算に大穴を開けた。事態急変でも孫社長は「反省はするが萎縮はしない」。強気の理由は何か。いずれにせよ焦点は上場申請を取り下げた米ウィーの再建だが、長丁場になりそうだ。