日本の「大学卒」の価値は暴落する

日本とインターナショナルスクールの教育はここが違う

インターに娘を通わせて思ったのは、向こうの教育が根本的に日本の教育と違うことだ。それは、やはり社会と文化の違いに根付いている。日本人は集団主義とよく言われるが、まさにそのとおりで、学校でも人と違うことをする子供は嫌われる。

日本の学校の先生の口癖は「ダメ」で、秩序を乱す子供に対しては「そんなことをしてはダメ」と注意する。それに対して、インターでは、人と違うことをすること自体に価値があり、先生はともかく子供を褒める。

こうした教師の姿勢は、実は、いじめにもつながっている。日本の子供たちは、ともかく「違う者」を排除しようとする。これを集団でやるのが、いじめだ。

しかし、人種も民族も国籍も違う子供がいるインターでは、全員が人とは違うのだ。つまり、「違う者」と仲良くするしかないことになる。もちろん、インターでもいじめはあるが、それは日本的な陰湿ないじめとは違っている。

とはいえ、学校とは第一に勉強をするところ。だから、インターを国際教育をする学校と捉えるより、欧米圏の大学への進学校と捉えるべきだと、私は思う。

「英語教育の是非論」に意味はない

ところで、「国際人」「グローバル人材」などと言っても、それが何を指しているのかわからないと、そういう人間にはなれない。これまで日本で行われてきた、この種の議論が的外れなのは、この点があいまいだからだ。

第一に、国際人などという人間はいない。単に英語を話せれば国際人になれるわけではない。日本人だろうと、アメリカ人だろうと、自分を育んでくれた国の伝統・文化を身に付けていなければ、「国際人」「グローバル人材」にはなれないのだ。

つまり、国際人、グローバル人材として通用する日本人、同じく、国際人、グローバル人材として通用するアメリカ人をつくるのが、インターナショナルスクールの教育である。別に、中国人であろうと、韓国人だろうと同じだ。

インターに行くと、日本人が国際人になるのではなく、異文化理解、多文化教養を身に付け、英語を話すことで、かえって日本を強く意識した「真の日本人」になるということだ。

私が提起したいのは「英語教育の是非論」ではなく、日本人としての確固たるアイデンティを持ったグローバル人材を育てる教育を、一刻も早く始めてほしいということ。そうでないと、今後の日本を創っていく次の世代は、ほとんどがグローバル世界の「負け組」になってしまうだろう。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 若者のための経済学
  • インフレが日本を救う
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
世界の投資マネーが殺到<br>沸騰! 医療テックベンチャー

2020年に世界の医療関連ベンチャーの調達額は465億ドルと過去最高を記録。10年間で5倍に膨張し、米グーグルやアマゾン、アップル、さらには中国の巨大IT企業もこぞって進出中です。国内の有望スタートアップ21社も掲載した必読の最新ガイド。

東洋経済education×ICT