日本の「大学卒」の価値は暴落する

日本とインターナショナルスクールの教育はここが違う

とはいえ、日本の学校も荒れていた。最近も、大津・皇子山中学いじめ自殺事件、大阪・桜宮高校バスケット部体罰自殺事件と、いじめが大きな社会問題になっているが、こうしたことはすでに1980年代から起こっていたのである。

その意味で、日本の学校現場は今も何も変わっていない。

当時、いじめ自殺として最も衝撃的だったのは、東京・中野の富士見中学2年生の鹿川裕史君が首吊り自殺した事件だった。この事件は、遺書が残されており、そこから、クラスで「葬式ごっこ」が行われていたことがわかって、世間は騒然となった。

そんなこともあって、インターの日本人の親御さんの中には、「日本の学校に行ったらまともな人間にならない。いじめで殺されたらどうするんですか?」と、子供をインターに入れたという人もいた。

スーパー女子高生、高梨沙羅もインター

日本人なのにインターで教育を受けるということは、その時点で日本での大学進学をあきらめなければならない。インターは文科省の認可校ではないので、ハイスクールを卒業しても日本の高校卒業資格は得られない。

近年、こうした矛盾はだいぶ解消され、インター卒の生徒を受け入れる大学も増えたが、当時は、「大検」(大学入学資格検定:現在は「高等学校卒業程度認定試験」)に合格しなければ日本の大学(上智大国際教養、ICUは例外)には進学できなかった。

今年の冬、日本中を沸かせたスーパー女子高生、ノルディックスキー・ジャンプ女子の世界チャンピオン高梨沙羅選手は、グレース・マウンテン・インターナショナルスクール(北海道・旭川)に通っているインターの生徒だ。このインターは2004年にできた新設校である。

普通、高梨選手のような有力選手となると、スキー部のある強豪校に進学するが、高梨選手は「自分に足りないのは英語力だと思った」とインターを選択している。

しかも、高梨選手は昨年の夏に「高卒認定試験」を受け、今年になって合格が判明している。インターの生徒でハイスクールの1年生で合格する例はまれだから、高梨選手は本当にスーパー女子高生だ。

私の娘の場合、キンダー(幼稚園)からエレメンタリー(小学校)に進学した時点で、将来はアメリカの大学に行かそうと決めていた。

ジェフリー・ミラー学長補佐もこう言った。

「本校は、アメリカのWASC(※)の認定校ですので、将来的にアメリカの大学への進学を前提とした教育をしています。まだ小学校に入学したばかりといっても、そうしたスタンスをしっかり持ってもらわないと、勉強にはついていけません」

※ WASC :Western Association of Schools and Colleges:米国西部地域私立学校大学協会(http://www.acswasc.org/

米国では6地区に分かれた米国教育省認定の学校認定機関があり、WASCはカリフォルニアを含む太平洋エリア、東アジア地区を担当。WASC認定校で12年の課程を修了した18歳以上の者には、大学入学資格(高等学校を卒業した者と同等以上の学力があると認められる者)が認められる。

次ページ「インター=日本語ダメ」という誤解
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
世界の投資マネーが殺到<br>沸騰! 医療テックベンチャー

2020年に世界の医療関連ベンチャーの調達額は465億ドルと過去最高を記録。10年間で5倍に膨張し、米グーグルやアマゾン、アップル、さらには中国の巨大IT企業もこぞって進出中です。国内の有望スタートアップ21社も掲載した必読の最新ガイド。

東洋経済education×ICT