「石巻2.0」が挑む、復興3年目のまちづくり

死者3000人超、最大被災地・石巻で奮闘する集団

これらのプロジェクトに関わるメンバーは、必ずしも固定されてはいない。また、上記のすべてが厳密に「石巻2.0メンバーによるプロジェクト」であるわけでもない。さまざまなメンバーが集い、得意分野で協力し、アメーバのように増殖しており、実際のところ、どこまでがメンバーなのかわからないような状況となっている。その意味では、石巻2.0というのは単なる団体名ではなく、「運動の名称」と考えても良いのかもしれない。

いしのまき学校プロジェクトで、世界の知見を石巻に

画像を拡大
慶應とのコラボ。最先端の問題解決アプローチ法を使って、石巻の再生に取り組む

現在、石巻2.0が力を入れているのは「いしのまき学校」というコンセプトである。被災後、石巻には各界の著名人、識者が訪れるようになり、都市設計を学ぶ学生たちも数多く出入りするようになった。この機会を無駄にせず、彼らが持つ知見を皆で学べる場を設けようというものだ。

地元の若者に刺激を与えるきっかけを作るだけでなく、「いしのまき学校」の存在そのものが、人を呼び込むきっかけとなるかもしれない。そして、人が集まれば街は活性化していくはずだ。すでに、以下のようなプロジェクトを実施している。

■MACHIZUKURI 2.0

この1月に、2日間に渡って行われた。慶應大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科による最先端の問題解決アプローチ方法を、実践形式で学ぶというイベントだ(上、冒頭の写真)。現場を視察し、ワークショップを行い、フィードバックを得る。大学側にとっても貴重な実習の場となるわけだ。

設立以来、目まぐるしく生まれる新しいコンセプトやプロジェクト。その指揮をとる松村豪太氏は、夜は「復興バー」のマスターでもあり、休む間もなく活動を続けている。今後もさまざまな「いしのまき学校プロジェクト」を予定しているという。

「まだまだ人手不足だから、至らない点もある。新しいことを始める際は、さまざまなしがらみで難しいこともある。だが、丁寧に説明し、敷居を低くして、地域内外のみんなが参加できるように間口を広げていきたい。視察ツアーや修学旅行の受け入れなどもしながら、知見を石巻に集め、そこで出た新しいアイデアを世界に向けて発信していきたい」(松村代表)。

多くの団体が「現在の住民の生活支援」を最優先して活動する中で、石巻2.0は、いま、未来の石巻を作るフェーズ(段階)に移行しようとしている。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • グローバルアイ
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT