南武線で失くしたスマホが海外にあったワケ

なぜジャカルタの車両基地で見つかったのか

画像を拡大
KCJで行われている月次検査の模様。写真は元JR203系(筆者撮影)

翔太さんのスマホを見つけたのは、オマットさんというジャカルタ南部にある電車区に勤務する技師。オマットさんによると、車両の月次検査(マンスリーメンテナンス)の際、座席のシートを外したところ、翔太さんのスマホと学生証がごろっと出てきたという。背もたれとクッションの間の隙間に落ちてしまっていたので、誰も存在に気がつかないまま日本から車両とともにジャカルタへの船に乗ってしまったわけだ。

この車両は前述の「南武線→海外譲渡」というプレートが付けられた、KCJ向け最終編成の一部だったことがその後の調査で分かっている。翔太さんがスマホを落としたのは「12月5日の始発」だったのだが、その翌日、車掌が「お忘れ物なきよう、思い出とともにお持ち帰りを」とアナウンスする間、人知れずシートの下に隠れていたのはなんとも皮肉なことだ。

ツイッターでつぶやいたところ…

オマットさんはすぐさま自分のツイッターに、発見したスマホと学生証の写真をアップした。偶然にも「日本の撮り鉄さんたち」との交流もあったことから、たまたまこのツイートが日本人の目に触れることになった。

ジャカルタでの駐在経験を持ち、撮り鉄の趣味も持つ浪井淳一さんが、そのメッセージを見つけ翔太さんが通う学校に確認するとともに、オマットさんに状況を説明。最終的にオマットさん自身が翔太さんにメッセージを送ったのだという。

オマットさんの日本びいきはKCJ社内でも有名で、彼が205系車両をモチーフにデザインしたオリジナルTシャツはいまや保守技師たちの制服代わりに使われている。

次ページいよいよ感動の受け渡しへ!
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 湯浅卓「トランプ政権の真実」
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人生100年時代の稼ぐ力<br>副業・資格で定年後も長く働こう

人員削減や年金不足問題など、将来収入への不安は募るばかり。会社に依存するのではなく、副業や資格を持つことで長く働くすべを身に付けよう。需要がグンと高まる資格、60代からでも食える仕事など、実践的な情報を満載。