裸のトランプ像、「つかの間の悪夢を表現」

NYの公園などに出現、通行人の話題に

 8月18日、米ニューヨークの公園などに米大統領選の共和党候補ドナルド・トランプ氏の裸の姿を模した作品が突如設置され、通りがかりの人たちの注目を集めた。写真はニューヨークのユニオン・スクエア・パーク(2016年 ロイター/Brendan McDermid)

[ニューヨーク 18日 ロイター] - 米ニューヨークの公園などに18日、米大統領選の共和党候補ドナルド・トランプ氏の裸の姿を模した作品が突如設置され、通りがかりの人たちの注目を集めた。

ニューヨークではユニオン・スクエア・パークにこの像が登場。しかし午後になると、設置許可を得ていないとして市の公園当局が撤去した。

アーティストらで構成される活動家の団体「インディクライン」は電子メールで、ニューヨークのほか、サンフランシスコ、ロサンゼルス、シアトル、クリーブランドでもこの像を設置したと明らかにした。「このつかの間の作品設置は、つかの間の悪夢を表している」と説明。「秋になって(米大統領選の結果が明らかになり)、トランプ氏の大統領職への探求が失敗に終わったと笑って振り返られることを願っている」とコメントした。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
関西電力がはまり込んだ<br>「原発マネー」の底なし沼

社会を揺るがした関電首脳らの金品受領問題。本誌は関係者による内部告発文や関電の内部調査報告書などで、「持ちつ持たれつ」の関係に迫った。実態解明は第三者調査委員会に委ねられるが、原発推進への自傷行為となったのは間違いない。