裸のトランプ像、「つかの間の悪夢を表現」

NYの公園などに出現、通行人の話題に

 8月18日、米ニューヨークの公園などに米大統領選の共和党候補ドナルド・トランプ氏の裸の姿を模した作品が突如設置され、通りがかりの人たちの注目を集めた。写真はニューヨークのユニオン・スクエア・パーク(2016年 ロイター/Brendan McDermid)

[ニューヨーク 18日 ロイター] - 米ニューヨークの公園などに18日、米大統領選の共和党候補ドナルド・トランプ氏の裸の姿を模した作品が突如設置され、通りがかりの人たちの注目を集めた。

ニューヨークではユニオン・スクエア・パークにこの像が登場。しかし午後になると、設置許可を得ていないとして市の公園当局が撤去した。

アーティストらで構成される活動家の団体「インディクライン」は電子メールで、ニューヨークのほか、サンフランシスコ、ロサンゼルス、シアトル、クリーブランドでもこの像を設置したと明らかにした。「このつかの間の作品設置は、つかの間の悪夢を表している」と説明。「秋になって(米大統領選の結果が明らかになり)、トランプ氏の大統領職への探求が失敗に終わったと笑って振り返られることを願っている」とコメントした。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 財新
  • 今見るべきネット配信番組
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT