「レイバン」から農家。地方で家業を継ぐ難しさ

武将の末裔が育てる「菊」

――菊は日本文化を象徴するような花なので可能性を感じます。ところで荒木さん、「彼女募集中」だと聞いています。一緒に菊農家をやれる人が理想ですか?

できたら一緒にやってくれる人が理想的ですね。生産だけでなく経理などの事務仕事もあるので役割分担はできると思います。

好みのタイプですか? しっかりしているのにほんわかした女性――かな。フィーリングが合ってお互いにホッとするような関係がいいですね。ご興味がある方は、アラキフローリスト までご連絡ください。これ、新しい形の求人募集ですね(笑)。

昨年から習い始めたエレキギター。「ロックバンド『オアシス』の曲を弾いたりしています」

 

荒木さんの話を聞いていて、「長男だから」というセリフが何度か出てきたのが印象的だった。自然な責任感を帯びた言葉だ。「次男だから」では様にならない。

僕は3人兄弟の次男で自由業に就き、実家のある東京から離れて愛知で暮らしているので、東京から愛知に戻ってきた荒木さんの感覚はよくわからない。戦国武将の末裔だから使命感が強いというわけではないだろう。

ただし、「家を継がなければいけない」という後ろ向きの義務感ではなく、家業を土台にして新しいことに挑戦する勢いが伝わってくるのは確かだ。長男や長女は実家近くでこそ本領を発揮するのかもしれない。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 中学受験のリアル
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
関西電力がはまり込んだ<br>「原発マネー」の底なし沼

社会を揺るがした関電首脳らの金品受領問題。本誌は関係者による内部告発文や関電の内部調査報告書などで、「持ちつ持たれつ」の関係に迫った。実態解明は第三者調査委員会に委ねられるが、原発推進への自傷行為となったのは間違いない。