「褒める仕組み」を作ると人は劇的に伸びる

ANAの「グッドジョブ・カード」が凄い

私たちANAビジネスソリューションは研修の打ち合わせで、「社員同士のコミュニケーションが少ない」「社内の雰囲気があまり良くない」といった相談を受けることがあります。

勤続 25年以上のCAで、ANAビジネスソリューションの接遇マナー講師にも、その経験があります。

「研修内容を紹介する中で、ANAグループのグッドジョブ・カードのしくみについて説明すると、『わが社でもぜひ試したい』とのことで、実際に同様のしくみを導入する企業も少なくありません。ところがしばらく経つと、『やってみたけれど集まらなかった。どうすればよいのだろう』とさらに相談を受けるケースが多いのです」

ANAでは、この取り組みを2001年から始めましたが、カードが全社に浸透するまでには5年ほどかかっています。

他人への関心が薄れていないか?

『仕事も人間関係もうまくいく ANAの気づかい』書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします

カードが使われないのは、他の人への関心が薄れている証拠。そのようなときは管理職が率先してグッドジョブ・カードを使って部下を褒めます。そうして「関心をもって見てもらえて、褒めてもらえてうれしい」と実感してもらうのです。人は誰かから褒められると、そのうれしさを伝えようと別の誰かを褒めるものです。

もちろん運用しやすいよう、使いやすい、書きやすいデザインに何度も変更しています。また、2014年にはグッドジョブ・カードを贈った人、受け取った人双方にポイントを付与し、貯まったポイントに応じてグレードを認定する制度を導入しました。

大きな成功を褒めるのは誰でもできますが、小さな日々の仕事に気づき、褒めることは、相手のことをよく見ていなければできません。ANAの社員は相手に対して「誠実な関心」をもつように意識しています。

「あの人が、今日シュレッダーのゴミを捨てていた」
「今日の髪型、清潔感があって素敵」
「君が先月出した商品、コツコツ売れてるね」

など、ささいなことをとにかく拾うのです。

褒めることは、単なる「善意」ではありません。訓練された「技術」として定着させることが重要なのです。
 

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 就職四季報プラスワン
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT