クビにならない方法なんて、ひとつしかない

最後に自分の身を救うのはハードスキルだ!

とはいえ、周りに全部合わせて、まったくもって個性を押し殺せというわけではありません。合わせるべきところを可能な範囲で合わせるという、いわば「最低限の良好な人間関係」を築く努力をすべし、ということです。

そして、最後に自分の身を救うのはハードスキル面です。

クビにならない方法とありますが、唯一あるとしたら自分にしかできないことなどをどんどん成し遂げて、会社が自分に頼らざるをえないポジションを構築してしまうことです。

私自身、決して愛想がいいわけでもありませんが、それでも今まで所属した組織においては、いろいろな面で非常に優遇されてきたと思っています。要はやりたい放題やらせてもらってきた、ということです。

そしてその理由は、ズバリ、私にしかできないことが非常に多かったからです。

職場の人間関係は「相互補完」だ

しかしながら、それでもやはり「最低限の良好な人間関係」は大事です。そもそもそういったポジションを築くにあたっても、そのような人間関係を築くことは最低条件です。なぜならば、誰でも人間ですから、チャンスを与えるとか仕事を任せるといったときに、やはり最初に見るのは「こいつは信頼できるか否か」でしょう。

言い換えると、そういった人間関係は巡り巡って自分の仕事をやりやすくして、仕事の結果が出やすくなるという「相互補完関係」なのです。であるから、組織におけるカルチャーなどを見極め、その場で最低限の良好な人間関係を築くための努力をしつつ、仕事の結果をつねに出すべく最大限の努力をするという2軸での努力こそが、クビにならないための方法なのではないでしょうか。

職場いじめなどを、仕方がないとあきらめてはいけません。仮に自分に変えられるところがあるのであれば変えて、環境を少しでもよくする方向にもって行きましょう。そうでないと、山田さんがせっかく今まで努力して身に付けてきたハードスキルがもったいないですよ。

そうすることで、山田さんの持っている可能性はどんどん開花するし、より大きなチャンスも巡ってくるのだと思います。過去の経験を糧に前に進めれば、少なくとも、明日は今日よりもよくなりますよ。

山田さんが、今までの経験を生かし、よりよい人生を送られることを応援しております。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 最新の週刊東洋経済
  • ドラマな日常、日常にドラマ
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT