複数内定取っても「本命」決められない就活生

短期集中で活動した結果、返って募る不安…

ところで、当の学生達はスピーディに進んだ就職活動に満足しているのでしょうか。例年、採用選考解禁から少し経つと、大学のキャリアセンターや就職カウンセラーに駆け込んでくる学生が増えてきます。従来から多いのは「持ち駒がすべてなくなりました。どうすればよいか?」という相談。これは今年もやはり目立つようです。

また求人倍率が高くなると、「複数の企業から内定をもらった。本命以外の企業にどう断ればよいか?」と助言を求める学生も一定数発生します。

自分で本命企業を決められない

ところが今年は少し違ったタイプの相談が寄せられているようです。それは「このままいくと複数社から内定をもらうことになりそうだが、その中から本命の1社をどうやって決めたらよいのかわからない」といった類いのものです。

過去、少なくとも2015年卒生までは、最初にある程度幅広く企業をリストアップし、そこから就職活動のプロセスを進める中で吟味を重ねて徐々に絞り込み、最終的に残った会社からの内定を獲得して活動を終了する、というのが標準的な就活でした。

しかし、2017年卒の場合は、吟味する時間も十分にとれないままに内定獲得直前まで突っ走ってしまった学生も一定数いたということでしょう。このように「まっしぐら型」で進めてきた学生は、自らの就職活動への不全感を払拭できず、不安を抱えているかもしれません。また、企業にとっても内定辞退のリスクが存在する状態にあるわけで、双方にとって望ましいことではありません。

就職先選びは、学生の皆さんにとって極めて大きな決断の1つであることは間違いないでしょう。特に今年のような圧縮スケジュール下の就職活動では、情報収集などが不足していた可能性もあります。そしてこの「内定先のことを実はよく知らない」ことは、不安の主因になり得ます。その場合、解決策はシンプルです。足りない情報を取りに行けばよいのです。

もしも、「脇目も振らず就活をしてきて、終わってホッとはしたけれど、肝心の就職先は本当にこれで良かったのだろうか?」という不安があるならば、まずは家族、友人、大学のキャリアセンターなどの第三者に相談してみてください。自分の置かれている状況を客観視するためのなんらかのヒントが得られるはずです。

未知の未来に不安があるのは当たり前。幸い企業の採用意欲は引き続き堅調ですから、一度気持ちをクールダウンさせ、何が不安の要因なのかを特定し、解決のアクションに繋げていってほしいと思います。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 本当は怖い住宅購入
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
人気の動画
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT