バーベキュー人気は「料理の娯楽化」の象徴だ

日常食と非日常食の二極化が進んでいる

バーベキュー人気が止まらない。アウトドアでも家の中でも、みんなで楽しめるのが魅力だ(写真:Polkadot / PIXTA)

「海の日」を含む7月中旬の3連休。毎年この頃に、全国の半分ほどの地域は梅雨明けし、学生たちは夏休みを迎え、夏が本格化する。毎日の食事の作り手にとっては、暑くて買い物に行きたくない、台所に立ちたくない、家族もなんだか食欲が減退するという、料理モチベーションが一年の中で最も下がる時期である。そんな中、近年この時期に検索頻度がぐんぐん上昇するキーワードがある。それは「バーベキュー」だ。

バーベキューとは、まきや炭などの火によって肉や魚介類、野菜を焼く料理、およびその行為のことをいう。現代では、戸外(アウトドア)で、火を起こし、その火で料理をすることそのものを指すことが多い。

簡易に火を起こせるバーベキューセットが比較的リーズナブルに販売され、東京都内でもバーベキュースペースが各所に誕生するなど、その人気は加熱している(バーバキュー禁止条例が生まれるなど課題も増えているが、それもバーベキュー人気の証明ともいえるだろう)。

夏に2度検索数のピークを迎える

クリックするとニュースサイトにジャンプします

日本最大のレシピサイト「クックパッド」でも、2009年からこの8年間で「バーベキュー」というキーワードの検索頻度が1.54倍に増加。特に2013年から2014年にかけて上昇し、2016年もますます増加トレンドにある。

一年間の検索数推移でいえば、増加ピークは2回ある。4月下旬ゴールデンウィーク前半に検索頻度は急上昇し、5月上旬ゴールデンウィーク後半に第1次ピークに。その後梅雨時期にいったん下降するものの、7月中旬3連休に再度急上昇、8月中旬のお盆に第2次ピーク(かつ年間最ピークとなる)を迎える。

ちなみに、今年のゴールデンウィークは昨年に比べて1.38倍増加し、バーベキューへの関心の強さがうかがえる。天候次第ではあるが、この夏のお盆時期も検索数は増加しそうな様子が見てとれる。

次ページ以前と違って内容は華やか
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • コロナ後を生き抜く
  • 最新の週刊東洋経済
  • 占いのオモテとウラ
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT