グリーとDeNA、実らない海外投資

ゲーム開発会社との蜜月にも変調

グリーもモバゲーの後を追い、バンダイナムコゲームスの「ガンダムマスターズ」を積極的に売り出しており、今下期はモバゲーと類似タイトルを投入する。

現実味を増す「中抜き」論

バンダイナムコゲームスを擁するバンダイナムコホールディングスはソーシャルゲームの年間売上高を前期比3倍の460億円に引き上げており、同社はプラットフォーム運営会社にとって欠かせない存在だ。

しかし、裏を返せばDeNAは「探険ドリランド」などがあるグリーと異なり、バンダイナムコゲームスを除いた自社開発のゲームでヒットが生まれていない。守安功社長も決算説明会の席上で「自社のゲーム開発については、今後の課題だ」とコメントしている。

海外事業もグリーと同様、いまだに芽が出ていない。13年3月期第3四半期(12年10~12月期)の海外仮想通貨の消費は5000万㌦程度だったが、「損益分岐には1億数千万㌦のコイン消費が必要」と守安社長は言う。

一方のグリーは同時期2000万弱㌦のコイン消費にとどまり、「当初発表していた13年6月期第4四半期(13年4~6月期)の黒字化は先になる」(秋山仁コーポレート本部長)という。昨年半ばには「世界を獲る」と両社幹部が息巻いていたが、情勢は明らかに”トーンダウン”をしている。

さらに不安材料となるのがスマートフォンの普及だ。スマホの利用者増加は一見すると、ソーシャルゲームに追い風に見えるが、それはゲームの開発・提供側に限られる。

次ページ景色を変えたライバルの存在
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • トクを積む習慣
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 本当は怖い住宅購入
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
おうちで稼ぐ、投資する!<br>在宅仕事図鑑

コロナ禍の下、世代を問わず広がったのが「在宅で稼ぐ」ニーズ。ちまたにはどんな在宅仕事があり、どれくらい稼げるのか。パソコンを使った「デジタル小商い」と「投資」に分け、誰にでもできるノウハウに落とし込んで紹介します。

東洋経済education×ICT