グリーとDeNA、実らない海外投資

ゲーム開発会社との蜜月にも変調

グリーもモバゲーの後を追い、バンダイナムコゲームスの「ガンダムマスターズ」を積極的に売り出しており、今下期はモバゲーと類似タイトルを投入する。

現実味を増す「中抜き」論

バンダイナムコゲームスを擁するバンダイナムコホールディングスはソーシャルゲームの年間売上高を前期比3倍の460億円に引き上げており、同社はプラットフォーム運営会社にとって欠かせない存在だ。

しかし、裏を返せばDeNAは「探険ドリランド」などがあるグリーと異なり、バンダイナムコゲームスを除いた自社開発のゲームでヒットが生まれていない。守安功社長も決算説明会の席上で「自社のゲーム開発については、今後の課題だ」とコメントしている。

海外事業もグリーと同様、いまだに芽が出ていない。13年3月期第3四半期(12年10~12月期)の海外仮想通貨の消費は5000万㌦程度だったが、「損益分岐には1億数千万㌦のコイン消費が必要」と守安社長は言う。

一方のグリーは同時期2000万弱㌦のコイン消費にとどまり、「当初発表していた13年6月期第4四半期(13年4~6月期)の黒字化は先になる」(秋山仁コーポレート本部長)という。昨年半ばには「世界を獲る」と両社幹部が息巻いていたが、情勢は明らかに”トーンダウン”をしている。

さらに不安材料となるのがスマートフォンの普及だ。スマホの利用者増加は一見すると、ソーシャルゲームに追い風に見えるが、それはゲームの開発・提供側に限られる。

次ページ景色を変えたライバルの存在
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 内田衛の日々是投資
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • iPhoneの裏技
  • 埼玉のナゾ
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。