ポケモンGOがベルリン市民を虜にしたワケ

無数のプレイヤーがスマホ画面に釘付け

また、このゲームの人気には負の側面もある。ソーシャルメディアでは、プレイヤーが携帯電話に釘付けでつまづいたり転んだりして軽傷を負ったとか、運転中にポケモンを探して小さな事故を起こしたという報告が飛び交っている。

ポケモンを捕獲するために友人とベルリンのブランデンブルク門に来たプレイヤーのデニツ・ペッツォルトは「常にスマートフォンを見つめながら歩き回ることになります」と語った。「道を渡るときは本当に気をつけないと。私も1度か2度、道路に足を踏み入れそうになりました」彼の友人のファビオ・バックハウスも同調した。「本当に危険だって認めざるを得ません。ポケモンが現れるのは携帯のマップ上だけで、それを捕まえようとずっと携帯を見て歩き回るから」。

スマホ・ゾンビと呼ばれたって止められない!

ベルリンの街中には「スマビ」が溢れている

しかし、それでもペッツォルトやバックハウス、その他の数百万人のプレイヤーは捕獲に夢中だ。すでにあだ名となっている「スマホ・ゾンビ」や「スマビ」になろうとも捕獲をやめることはない。「そのあだ名が嫌いだったとしても、止められないんです。昨日...私は4階に住んでいるのですが...階段を上がりながら携帯でポケモンを見てたら、2階分多く登ってしまいました。全然気づきませんでした。周りが目に入らなくなります」とペッツォルトは認めた。

ポケモンGoに瞬く間に人気が出た理由は、20年間続く定番アニメシリーズへの懐かしさと、できるだけ多くのキャラクターを捕まえてゲーム内で称賛を得たいというプレイヤーの願望のようだ。

任天堂の株価は7月14日の午前取引で最大9.5%も急騰した。3カ国で発売以来わずか1週間であっという間に大ヒットとなった新商品ポケモンGoモバイルゲームへの期待に裏打ちされた結果だ。

アップルとAndroidのアプリストアで記録的短期間でトップに駆け上がったこのゲームは、小売店にとっての次世代マーケティングツールになりうると業界専門家らは考えている。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 映画界のキーパーソンに直撃
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT