ポケモンGO、韓国配信には障害があった

安全保障で地図利用に制限

 7月13日、任天堂などが開発したスマートフォン向けゲーム「ポケモンGO」は、韓国ではさまざまな障害に直面しそうだ。写真はパームスプリングスで11日撮影(2016年 ロイター/Sam Mircovich)

[ソウル 13日 ロイター] - 任天堂<7974.T>などが開発したスマートフォン向けゲーム「ポケモンGO(ゴー)」は、韓国ではさまざまな障害に直面しそうだ。北朝鮮との安全保障上の問題で、グーグルマップ機能が制限されていることが原因。しかし、ファンの間ではプレーが可能な地域に遠征する動きも出ている。

オランダの調査会社、ニューズーによると、韓国は中国、米国、日本に続く世界第4のゲーム市場。公式に配信できないとなれば、大きな機会損失となる恐れがある。

ポケモンGOは現実世界を舞台に歩きながら操作し、街中に隠れている「ポケモンのキャラクター」を探し出して遊ぶゲーム。グーグルマップの利用が不可欠だが、韓国では大半の地域で利用が制限されている。

すでに米国、オーストラリア、ニュージーランドで配信が始まっているほか、日本などでも近く、配信開始の予定。

ただ、それ以外の国でも、アカウントを豪州や米国などに装うなど、さまざまな手段でダウンロードを試みる動きが広がり、ログイン上の問題を悪化させているもようだ。

韓国では、待ちきれない一部ファンが、グーグルマップ上ではまだ韓国領に分類されておらず、ゲームがプレーできる北朝鮮との国境、ソクチョに遠征する動きが広がっている。

あるユーザーはインターネット上で「主要な観光名所には行かなかった。やったことといえば、ゲームをプレーするため、数十キロ歩き回ることだけだが、ほかのどこに旅行するよりも満足している。急用がなければ、まだソクチョにとどまっていただろう」とのメッセージを掲載した。

ソクチョ市も異例の状況を利用しようと、無料ワイファイでマップをシェアしたり、「半島で唯一のポケモンGOの聖地」としてソーシャルメディアで広告を打ったりするなど、対応を急いでいる。

*「ポケモンGO」の表記を修正しました。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
徹底検証「都心vs.郊外」<br>激動 マンション・住宅

在宅勤務の長期化を受け新しい住まいへの需要が急膨張。想定外の事態に供給業者も対応に追われています。2度目の緊急事態宣言発出という状況下、住宅市場はどう変わるのでしょうか。最前線での取り組みを徹底取材しました。

東洋経済education×ICT