日本人に南シナ海問題が他人事じゃない理由

世界の戦争の歴史から、真の狙いを読み解け

国家主席就任の矢先に、アメリカが「世界の警察官をやめる」宣言をしたことで、習近平は勢いづいた。そして、2014年には南沙諸島の埋め立てを隠そうともせずに、急ピッチで完了させる大きなきっかけになった。そう見るのが自然だろう。

何かと強気だった中国だが、アメリカの軍事力はさすがに脅威であり、アメリカが世界の安全保障ににらみを利かせているかぎりは、下手には動けなかった。だが、そのアメリカが引く姿勢になったと見るや、あからさまに押してきたというわけだ。

ソ連崩壊後、中国は第一列島線、第二列島線という日本の軍事進出の目標ラインを定め、「対米防衛線」とした。「防衛線」とはいうものの、第一列島線は東シナ海、南シナ海全域が収まっている。第二列島線に至ってはフィリピンからグアム、サイパン、沖縄、近畿地方の沿岸まで収まるラインになっている。決して見過ごすことはできない。

防衛線のみならず、中国は南シナ海の領有権についても積極的である。1947年に独自に引いた「九段線」を根拠に、南シナ海の諸島の領有権を主張してきた。スプラトリー諸島に人工の島を作り、軍事拠点を思わしき施設を建設しているのも、この九段線に基づくものである。

このあたりは、世界の漁獲量の1割を占める優れた漁場でもある。そのため、ベトナムやフィリピンの漁師が締め出されたり、殺されたり、拿捕されたりという事件も起こっている。

国際法上は、満潮時に水に潜ってしまう岩礁は「島」ではない。したがって、そこをいくら埋め立てて「島」のようにしたとしても、国際法上は「領土」にならない。それを中国は無視して、領有権を主張していることになる。これは、判決が出たこれからも変わらないであろう。

日本に影響はあるのか?

日本は、南シナ海の領有問題の直接的な当事者ではないが、このまま中国が人工島と軍事拠点の建設を進め、周囲に原子力潜水艦を配備するようなことになれば、日本のシーレーン(海上の交通路)が1つ、大きく阻害されてしまう。

次ページ一服の状態ではあるが…
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 財新
  • 山本シンヤが迫るクルマ開発者の本音
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
羽田空港クライシス<br>コロナ禍で国際線が大混迷

新型コロナウイルスによる旅客減は、世界のエアラインの経営に大打撃を与えています。そうした中で羽田空港の国際線大幅増便が3月29日にスタートします。日本の「空の玄関口」は大丈夫か。現状と課題を総点検しました。