1ドル92円台でヘッジファンドはどう動くか

ディーラー歴20年の達人が読む為替

 

ドルの下値は固そうだ(邦銀のディーリングルーム、撮影:尾形 文繁)

前回は、日銀金融政策決定会合直後(1月22日)に、当面の為替予想を書かせてもらった。ひとことで言えば、「いったんドル安への調整があった後、中期的にはドル円は1ドル=95円、ユーロ円は1ユーロ=125円方向に向かう」と予想した。

その際は、調整はもう少し長引くと考えていた。だが、実際はわずか2日、一時的に円高に振れたものの、値幅としてはドル円が90円から88円と2円、ユーロ円が120円から117円と、2~3円で短期の調整に終わった。日経平均株価も、1月24日に、1万0411円11銭の安値をつけた後に、同31日には終値で1万1138円66銭と、高値を更新して1月を終えた。アベノミクスを材料にした株高、円安が継続しているとみていいだろう。

市場に大きな影響を与えるオプション

前回の記事で、私は当面のドル円の高値メドは、90円75銭を超えないと書いたが、あっさりと90円75銭をブレーク、91円台前半まで上昇してしまった。90円75銭を超えない理由として、86円75銭~90円75銭というDNT(ダブルノータッチオプション)が設定されていることをあげた。

このオプションは一定程度、市場に知れ渡っていたが、私も随分と問い合わせを受けた。このオプションの仕組みは、86円75銭と90円75銭が期間内(市場では、2月中下旬が期日とも言われていた)に取引されなければ、支払ったオプション料の数倍の払い戻しがあるというものだ。この手法は、アジア系の中央銀行やヘッジファンドが好んで使う手法だ。

次ページレンジ相場が形成されがちだが・・・
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 最新の週刊東洋経済
  • 映画界のキーパーソンに直撃
トレンドライブラリーAD
人気の動画
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT