三菱電機、ルンバ対抗の“逆張り"

新型サイクロンで二兎追う

「ルンバ」に代表されるロボット掃除機が花盛りの掃除機市場だが、「サイクロン式」でも新製品の開発がまだまだ盛んだ。

1月28日、三菱電機はサイクロン式掃除機シリーズ「風神」の新モデルを発表した(写真は発表会の模様)。業界トップクラスの吸引力と軽量・コンパクトを両立させたのが最大の特徴だ。同社が掃除機開発80周年記念モデルに掲げる自信作で、「他社との横並びでなく、突き詰めた商品にしたかった。国内の掃除機シェアを飛躍的に上げたい」(三菱電機ホーム機器の秋山雄一社長)と意気込む。

これまでサイクロン掃除機は、吸引力や排気クリーン度の性能が重要視されてきた。最近は小型・軽量化モデルも人気を集めているが、コンパクト設計になるとフラッグシップモデルよりも排気クリーン度が落ちてしまう製品も少なくなかった。三菱電機の今回の新モデルは、これらの弱点を克服して性能とコンパクトさの二兎を追った、“究極”のサイクロン式掃除機を目指している。

旋回風速は新幹線のぞみ超える

開発チームが力を入れた点は主に3つ。

1つ目は吸引力と小型化の両立だ。心臓部となるサイクロンの旋回風速は、従来モデルの1秒間180回転に対し、新モデルは374回転まで引き上げた。これにより「新幹線のぞみを超えるスピード」(秋山氏)を実現。吸引力は99%以上持続し、業界トップクラスとなる。

設計も大幅に見直した。従来は1次旋回室と2次旋回室の2つを設けていたが、小型化には向いていない。そこで空気の取り込み口を複数設けて、サイクロン内を駆け抜ける主流の気流の後ろを副流が追い掛けて背中を押す、“追い風設計"を編み出した。これにより旋回室を1つに集約することが可能になり、飛躍的な高速化とコンパクト設計を実現できた。

次ページロボット掃除機も実は検討中?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 360°カメラで巡る東京23区の名建築
  • 中学受験のリアル
  • はじまりの食卓
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
6800億円の巨額減損<br>みずほに不足する「稼ぐ力」

みずほFGが巨額損失の計上による業績下方修正を発表した。損失の大半がリテール部門にひもづく新システムの減損で、「リテール不振」が際立ったともいえる。坂井社長の言う「前向きな減損」も、稼ぐ力あってこそ。効率化、稼ぎ頭の構築と道は険しい。