『ストロベリーナイト』に混ぜた「毒」

佐藤祐市監督に聞く(下)

それはやはり、ドラマより現実の方が、訳が分からなくなっているからかもしれません。政治もそうだし、世の中に起こっている事件もそう。ドラマをやっていて、綺麗なところだけ上澄みをすくってみせるのは、見ている方から「現実感がない」と思われるようになってきている。

例えば「家政婦のミタ」で、ショッキングだったのは、(脚本家の)遊川和彦さんが「俺はお前たちのことを愛したい」、ということ。今までのドラマなら、親だから子どもを無条件に愛しているのは当たり前のことという前提があった。そうではないことが、ショッキングなんだけど、結局描いているのは家族愛。そういう意味では、テレビでも毒があるドラマが、どんどん増えてきていると思う。

現状維持ではダメだ

――佐藤監督は、『ストロベリーナイト』のようなミステリーだけでなく、これまでも『キサラギ』や『シムソンズ』など、バラエティー豊かな作品を手掛けられてきました。若いサラリーマン向けに、いろんなジャンルでベストを尽くすコツをアドバイスしていただけないでしょうか?

僕らの仕事でいえば、真摯にその作品に向き合う以外ないですね。何でも、やるからには仕事に対して愛情を持つこと。自信を持ってその仕事をやり遂げることが、大事だと思います。

最近でも、サンデル教授の「これからの『正義』の話をしよう」や、ドラッガーの「マネジメント」なんかがもてはやされましたが、それだけ混沌とした時代なのかなとも思います。大衆がそういう指針を求めているということですから。そんな混沌の時代だからこそ、アイデアを出して新しい仕事を生み出さないといけない。現状維持するためには少しだけ上向く方向に進めていかないと、現状維持すらできなくなる。

僕らも、いつも同じものをやっていればいいというわけではなく、ちょっとでも新しいもの、今の時代に新しいと感じるものにしていかないとやる意味がない。新しく作っていくことをしないと、絶対にまずいと思う。それはビジネスマンの方も一緒じゃないですかね。

(撮影:谷川 真紀子)

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • フランスから日本を語る
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 財新
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT