「65歳まで全員雇用」で企業、個人はどうなる

4月から「65歳まで全員雇用」を義務化

いよいよこの4月から、「改正高年齢者雇用安定法」が施行される。大企業・中小企業を問わず、あらゆる企業は、希望する従業員を全て、「65歳まで雇用」しなければならないのだ。雇う企業、雇われる従業員は、いかに対応する必要があるか。

企業が雇用を延長するには3通りある。1)定年延長、2)定年廃止、3)継続雇用(再雇用)の3つだ。実際には、1)や2)は難しく、現状では8割以上が再雇用を選択している。再雇用の場合、従業員はいったん退職し、嘱託などの形でそのまま会社に残る。賃金は現役時の6~7割になり、ハーフタイム勤務など、勤務体系も変わってくる。

これまでも、企業は65歳まで雇用するため、3通りのいずれかの制度を導入しなければならなかった。ただし、労使で協議し、雇用延長しなくてもいい“基準”を定め、その基準に該当した従業員に対しては、企業は雇わなくても済んだのである。それがこの4月からはそうした例外は一切許されず、65歳雇用が完全義務となる。

年金の支給開始年齢引き上げが背景

この雇用延長の背景には、年金の支給開始年齢の引き上げが関係してくる。4月から、厚生年金の報酬比例部分について、その支給開始年齢が、60歳から65歳へと段階的に引き上げられる。2025年には全員が65歳支給開始の対象となるのだ(男性の場合。女性はその5年遅れ)。

そうなれば、60歳で退職した場合、65歳で年金をもらうまで、5年間は「無収入」の期間が生じてしまう。つまり65歳までの雇用延長は、その空白期間を埋めるための方策なのだ。ちなみに元富士通人事部で『若者を殺すのは誰か?』(扶桑社)などの著書もある城繁幸氏は、65歳雇用延長について、「財政のツケを企業に負わせるもので不合理だ」と批判している。

次ページ企業の負担増は決して軽くないはずだが・・・
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 財新
  • 山本シンヤが迫るクルマ開発者の本音
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
変わる民法&労働法<br>「知らない」では済まされない!

ビジネスの新しいルールを定めた改正民法や労働法が4月から始まります。仕事はどう変わるのか、大きな関心を集める改正相続法と併せて最終チェックしておきましょう。導入が増えているテレワークの法的ポイントも解説。