フレッシュネスの「ちょい飲み」は本気だった

日本酒の発酵酵母を使ったバンズがウリ

「開店後約20日現在の反響は非常に大きく、売り上げは改装前の既存店のほぼ倍。特にアルコールは非常によく出る」(船曵常務取締役)とのこと。1日の客数は平均で150名程度で、ハンバーガーの出数は500食といってもほぼすべてがランチ利用だそうだから、狙いどおりだったと言えるだろう。それもそのはず、関内駅の反対側には繁華街として有名な伊勢佐木町があるなど、酔客を引き寄せる街。夜はもちろんだが、休日なら昼間からお客でいっぱいになる。夜の客単価は2500円と、アルコールの店としては低めなのも、好評の理由だろう。

クラフトビール3種類が生で飲めるビールサーバーを設置

ただ、飲みの客以外にも、ビジネスマンや近隣住民、観光客など客層が幅広いため、1号店と同様、ランチやカフェにも力を入れる必要がある。朝仕込んでおけばいいカレーをメインにするなど、オペレーション負担を軽減する工夫をしている。

クラウンハウス3号店についてもすでに場所を探しているところで、都心部のオフィス街がターゲットになりそうだという。

「今回は狙いが当たったが、夜の売り上げを取っていくのは簡単ではない。しっかりと本業(バーガー店)を運営していくことも大切。そのためのひとつの方法として、新規業態で開発したメニューや接客ノウハウを本業にフィードバックしていくことも効果的だと考えている」(船曵常務取締役)

ライバルは「UMAMI BURGER」

ちなみに、クラウンハウスのライバルとして意識するとすれば、ロサンゼルス発祥で、年内に日本上陸が予定されている「UMAMI BURGER(ウマミ・バーガー)」だという。確かに、素材にこだわったバーガーだけでなく、お酒に合うおつまみ、スイーツなどを幅広くそろえる。店名のとおり「うまみ」のある味は日本人の口に合いそうだ。

ちょい飲み需要をめぐっての競争は、業界を超えてますます激しくなりそうだ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
  • 就職四季報プラスワン
  • 見過ごされる若者の貧困
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT