フレッシュネスの「ちょい飲み」は本気だった

日本酒の発酵酵母を使ったバンズがウリ

中でも工夫した点が、ビールのサーバーだという。

「これを外から見える位置に配置したことで、一目でアルコールの店ということがわかる」(船曵常務取締役)

「ペールエール」「アルト」「ブラウンエール」3種類の飲み比べができる980円のセット

1号店の主役がハンバーガーだとすれば、2号店の主役を張るのは、オリジナルのクラフトビールだろう。「ペールエール」「アルト」「ブラウンエール」(レギュラーサイズ880円)の3種類は、近郊の地ビールメーカーに依頼し、フレッシュネスのコンセプトにマッチしたものを開発。船曵常務取締役によると、「印象では、クラフトビールとしては価格も他店に比べ2割程度低く提供できているのでは」とのことだ。

それ以外のドリンクのメニューも豊富で、クラフトビール3種類の飲み比べができる980円のセットのほか、3種類の生ビール、ボトルワインやカクテル類、ウイスキーなど、ひととおり用意している。

オススメメニューは「ムール貝のビール蒸し」

「クラウンバーガー」(1430円)と「ムール貝のビール蒸し」(600円)

フードメニューは、ビールやワインに合うおつまみを主力に幅広くそろえた。イチオシは、ムール貝のビール蒸しだそうだ。定番の白ワイン蒸しもあるが、「店舗で提供しているクラフトビールを使ったビール蒸しなので、ぜひ相性のよさを味わっていただきたい」とのこと。

そのほか、ポテトや枝豆、チキンといった飲み屋の定番料理は「300円メニュー」「500円メニュー」と価格帯で分けてメニューに掲載し、より気軽に頼めるよう工夫している。

この店舗では脇役を務めるハンバーガーも、素材にこだわったフレッシュネス自慢の品だ。こだわりは、肉のジューシーさをしっかりと出すために、8ミリの粗挽きにした100%ビーフの肉を使ったクオーターパウンドのパティ。バンズは日本酒の発酵酵母「酒種」を使用したもので、米の甘みや風味、弾力があり、歯ごたえのあるパティとの相性がよいのだという。メニューに載っているのは1430円でボリュームたっぷりのクラウンバーガー、ハンバーガー、チーズバーガーの3種だが、トッピングでアレンジを加えることもできる。

では、このように思い切って夜間にシフトした同店の反響は、どうなのだろうか。

次ページ反響は? 売り上げは?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 就職四季報プラスワン
  • 見過ごされる若者の貧困
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT