パーティ大国フランスで、宴会芸をやってみた

外国人エリートたちとの社交の秘訣

パーティでは目標を明確に

まず社交パーティに呼ばれた時は、そこでの目的を明確に持っておこう。

300人くらいが集まる場で、あなたがどれだけ名刺配りマシーンであったところで意味ある会話ができるのは15人がいいところだ。となるとパーティ参加の成果があったかどうかは、その15人を戦略的に選んだかどうかがでほぼ決まる。別に楽しむだけというのも結構で大抵私もそうなることが多いのだが、よりベターなあり方について話していてるのだとご理解願いたい。

もちろん、人によっては参加費以上のフォアグラのソテーとリブアイステーキ、およびウニの寿司と空にしたシャンペーンの数に求める困った人もいるが、ビジネスの場でのパーティの成否は次のビジネスにつながる人とどれだけつながるかにあるわけだ。

そんな時、当然のことながら、事前に自分がこのパーティに参加する目的意識を強く持っていなければならない。するとあなたは高そうなブッフェを3人分食べてすべてのデザートを制覇することへの興味は薄らぎ、むしろ食べる意欲をなくすために事前に吉野家で特盛(マクドナルドでのクォーターパウンドバーガーでも可)を食べた後で食欲を抑え、社交パーティに臨むだろう。

そして将来のキャリアや仕事につなげるために闘志をみなぎらせているあなたは、いつものように20代中盤の若くて綺麗なアソシエイトや秘書のお姉さんに目をくれることもなく、南アフリカから来た投資銀行家や、サウジアラビアで緑化事業を経営している太ったおじさんや、ジョージ・クルーニーみたいな外見でとっつきにくい、スコットランド出身の資源会社大手の重役をめがけて、笑顔と名刺を手に突進するのだ。

次ページ"ワンノブゼム"で終わらない秘訣
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT