EU離脱を覆す「まさかの再国民投票」の現実味

今は英国の事業を拙速に動かしてはならない

離脱派がキャンペーンで語っていたことが、今になって不正確なものであったことが明らかにされるなど、有権者に正確な情報が伝わっていたのかは疑問だ。結果が出てから、「離脱」に投票した人々から、後悔する声が聞こえてくるなど、まさに民主主義の「エラー」が発生したといっても過言ではない。

しかし、実は今回行われた国民投票の結果には、法的拘束力はない。イギリスにおいては、主権は「議会における女王」(Queen in Parliament)にあるとされている。歴史的な背景から「議会主権」(Parliamentary Sovereignty)という考え方をとっているのだ。すなわち、議会が変更しえない法は存在せず、どのような形に決めようと、法律的には問題がない。国民投票は民意を示すものではあるが、その実態は壮大な「世論調査」に過ぎないともいえる。

「通知を出してしまえば、イギリスのEUに対する交渉の立場は悪化するだろう。イギリスにしてみれば、離脱だけでも2年間で終わっては困るということではないか。もし通知をするとしても、それだけで年という単位で時間がかかることもあり得る」(乗越弁護士)

あまりにも引き延ばされると、マーケットが不安定な状態が続いてしまうため、当然、EUは一刻も早い離脱通知を求めている。しかし、何の見通しもないのに脱退通知をすることは、イギリスの立場からすると自殺行為にも等しく、現実的ではない。圧力をかけることはできるが、ルールとして通知の期限が存在しない以上、イギリスが開き直ってしまえば、EUとしても究極、打つ手はない。

「隣人」は通知前の交渉を拒絶

イギリスのオズボーン財務相は、リスボン条約第50条の発動について、「欧州の隣人たちとどのような取り決めを新たにしていくか、明確な見通しができた時のみ」行うべきと語っている。しかし、「明確な見通し」のイメージを持つことは困難を極めるだろう。「隣人たち」であるフランスのオランド大統領、イタリアのレンツィ首相、そしてドイツのメルケル首相は、「離脱申請が行われるまで、イギリスの離脱について、公式・非公式を問わず交渉は行わないことで一致した」と厳しい姿勢を示しているからだ。

そうすると、脱退通知をせずに、再度の国民投票を行って民意の上書きに動く可能性も、十分考えられる話といえるかもしれない。ただ、すでに辞任を表明しているイギリスのキャメロン首相は、自分が国民投票の実施を決めた手前、言うことはできないだろう。注目が集まるのは、やはり次の首相候補だ。

「保守党の新党首となる人物が誰なのかが今後に大きく影響する。ラディカルな考えを持つ離脱派のボリス・ジョンソン氏になるのか、バランスをとっていくと思われる残留派のテレーザ・メイ氏になるのかによっても展開が変わってくるだろう。今回の状況は、あまりにも未知なことが多すぎるというのが正直なところだ」(吉田氏)

乗越弁護士のもとにも、企業から問い合わせが寄せられているが、メッセージは一貫しているという。それは、展開を注視する必要があるということはもちろんだが、今の段階で意思決定をするべきではない、ということだ。

「離脱があるとしても、タイミングはわからないし、離脱の対応にしても、EUのルールが適用されないのか、適用され続けるのか、様々な形がありえる。一般論としては、現時点でコストをかけ、拙速に意思決定することは適切ではない」(乗越弁護士)

「EU離脱決定」という見出しが連日メディアに踊るが、法的仕組みを考えるとそれほど単純な話ではないことがわかる。議会は本気になれば、国民投票をもう一度行うことも不可能ではない。本当に今回の「民意」が現実になるのかは、引き続き注意してみていく必要があるだろう。
 

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT