時間がなくても家をスッキリさせるコツ3選

優先順位を変えるだけで、違いは明確に出る

でも当然ながら、物をすべて出して片づけると、それなりに時間がかかります。「今度、時間があるときにしよう」と思っているうちに、あっという間に数カ月、1年……ということもありますよね。

以前、玄関を片づけようと思っていたときのことです。玄関は家の顔なので、特にきれいにしておくべき場所なのですが、「まとまった時間ができたらやろう」と思っているうちに、あっという間に数カ月たってしまいました。うちの靴箱は、家族3人分の靴でぎゅうぎゅう。ついおっくうになり、「また今度」と先延ばしにしているうちに、時間が過ぎてしまったのです。

そこでふと思い立ち、先に、玄関の棚だけを片づけてみました。「このままではまずい」とひらめいた苦肉の策が、「見える部分だけ」をきれいにすることだったのです。そこは棚というよりも、夫の私物で物置になっていた場所です。でも片づけてみると、すっきりしたスペースが出現! 最後に花を一輪飾ると、玄関が見違えるほどきれいになりました。すると勢いがついたのかやる気がわき、靴箱の整理と玄関の片づけが一気に進んだのです。まるで片づけのスイッチが入ったような感覚でした。

玄関に美しいスペースができ、靴箱も片づくと、思わぬ連鎖反応が起きました。小さな成功がうれしくて、家の中、全部をきれいにしたくなり、片づけがどんどん進んでいったのです。どんな場所を片づけるときも、手順は同じでした。まず、片づけのスターターとして、その空間に1カ所だけ「美」を作ること。小さなスペースでいいので整理して、「きれいだな」「気持ちいいな」という空間を作ると、不思議に片づけがはかどります。

鏡や窓ガラス、ドアノブやシンク、蛇口…

(2)「光るもの」をいつも光らせる

「あ、うっかりしてた」

ある朝、洗面台の鏡に白い点をいくつか見つけ、思わずこうつぶやきました。誰かが歯磨きしたときにできた、しぶきのあとです。よく見ると、数日分残っているようでした。

いつもは洗顔後に顔をふいたタオルで、洗面台の鏡もきれいにふきます。それから、タオルは洗濯カゴへ。洗顔のついでにたった3秒かけるだけで、鏡はいつでもピカピカです。でも忙しくて気持ちが急(せ)いている日が続くと、ついそれがおろそかになってしまいます。メイクしようと鏡を見たら、「あら、新しいシミ!?」と勘違いしそうになることも……。慌てて鏡面全体をきれいにふくと、鏡はいつもの輝きを取り戻しました。

鏡や窓ガラス、ドアノブやシンク、蛇口など、家には光を反射するところがいくつかあります。そんな「光るもの」は、いつもきちんと輝かせておきましょう。光を操ることで、部屋の印象が手軽に上げられるのです。逆に、光るべきものが曇っていたり汚れていたりすると、どんなに片づいていても、その部屋の印象は何となくくすんで見えます。

リビングの鏡やドアノブは、掃除の際にクロスや乾いたふきんでサッと磨いておきます。洗面所の鏡や蛇口、シンクは、洗面や炊事をしたあとに「ついで掃除」で光らせます。シンクはとくに四隅を念入りに。窓ガラスは3カ月ごとの窓ふきで光らせましょう。

次ページ「ぞうきんがけ」のよさ
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
医療費のムダ<br>病院の言いなりは禁物!

米国発のムダな医療リスト60を掲載!「胸部X線」「風邪に抗生物質」に科学的根拠なし。日本はどうする?「聖域」だらけの医療の現実から、病院・医者と賢くつき合う方法までを解説。