中国を攻めるならばWechatを攻略せよ

ラグジュアリーブランドの戦略とは?

60%の消費者がラグジュアリー商品に関するオンライン情報は「WeChat」と「Weibo(微博:中国版のTwitter)」から得ているとのこと(写真:ロイター/アフロ)

ラグジュアリーブランドは、中国で急成長しているメッセージングアプリ「WeChat(微信)」に、どんどんリソースを割いている。

6億人のユーザーに直接プロダクトを販売することができる「WeChat」。中国の消費者1500人を対象にした、2016年のベインアンドカンパニーの調査によると、なんと60%の消費者がラグジュアリー商品に関するオンライン情報は「WeChat」と「Weibo(微博:中国版のTwitter)」から得ていると回答。ブランド各社が「WeChat」に力を入れているのは当然だ。

この記事ではバーバリー、コーチ、シャネルの「WeChat」利用法を紹介する。

バーバリー(Burberry)

この記事はデジタルマーケティング戦略に特化したメディア「DIGIDAY[日本版]」(運営:インフォバーン)の提供記事です

ファッション業界のなかでは、もっともデジタルに精通していると広く認識されているのが、バーバリー(Burberry)だ。同ブランドがパートナーシップを結んでいるのは、Snapchatの「ディスカバー」やApple Music、インスタグラム、そして「WeChat」と幅広い。バーバリーにおける「WeChat」の利用方法は、新商品やトレンドプロダクトの告知、また公式サイトへの誘導としてリンクの掲載などが挙げられる。

WeChatにおけるバーバリーのカスタマーサービス

また、クラシックスタイルの紹介や過去のイベントの振り返りで、ノスタルジックな演出も試みている。たとえば、そこで、伝統ある「ヘリテージトレンチコート」の歴史について知ることができたり、2014年にオープンしたバーバリーの4つ目のフラグシップショップのファッションショーを360度映像で振り返ることができるのだ。上海のフラグシップは、アジアで最大の大きさを誇る店舗となっている。

バーバリーはまたカスタマーサービスにも「WeChat」を活用している。筆者がバーバリーの「WeChat」アカウントにメッセージで北京での最近のセールについて質問をしたところ、24時間以内に返答がきた。

次ページ「WeChat」キャンペーンの展開
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 最新の週刊東洋経済
  • 小室淑恵 「覚悟の働き方改革」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT