A・ジョリー「難民問題を無視するのは無責任だ」

国連「世界難民の日」に記者会見

 6月20日、国連難民高等弁務官事務所の特使を務める米女優のアンジェリーナ・ジョリーさん(写真)は、国連が定める「世界難民の日」の20日、米国務省でケリー国務長官と共に記者会見を行った。米ワシントンで撮影(2016年 ロイター/Joshua Roberts)

[ワシントン 20日 ロイター] - 国連難民高等弁務官事務所の特使を務める米女優のアンジェリーナ・ジョリーさんは、国連が定める「世界難民の日」の20日、米国務省でケリー国務長官と共に記者会見を行った。

ジョリーさんは、紛争などで家を追われた人々は6500万人に達しているとし、こうした状況に背を向け無視することは無責任で危険だと語り、難民問題解決の必要性を訴えた。

さらに、人々の間で不寛容と外国人を受け入れない傾向が強まっていると述べ、欧州や米国で反難民感情が高まっていることへの懸念を示した。

ジョリーさんは、米国に渡った難民の人々との会合にも出席し、難民問題について議論した。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • コロナ後を生き抜く
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT