FXで普通の会社に勤めながら1億円稼ぐ法

サラリーマンでも頑張ればお金持ちになれる

「こういう風にやればいいんだと、勝ち方を実感できたのは、これまで大敗してきた経済危機がきっかけだった」という。

2009年10月に起きたギリシャ・ショックで、為替市場も大きく変動した。彼は、目の前で動いているローソク足の「その先」をイメージしながら勝ち続けた。

「10分先」の値動きを予想して、「順張り」で儲ける

得意なトレード手法は、ボラティリティ(変動性)が高い時の短期取引だ。5分足のローソク足の並びを見ながら、上に行こうとしているのか、下に行こうとしているのかを分析し、今のローソク足の「2本先」に出来るローソク足の形を想像しながら、小さなトレンドを「順張り」で狙う。

もちろん過去の値動きは参考にはする。だが、相場は同じように見えても、毎回微妙に違うパターンを描き、再現性は全くない。だからこそ、「過去のチャートの形ではなく、今の値動きを中心に分析することが重要」だという。

例えば、「5分足のローソク足が、上向きの移動平均線に沿って1-2本陽線がでたら、この後も上昇する可能性があるから、ロングでINする」など、配列を見ながらポジションを持つ」そうだ。

FXは、「スプレッドがあるため、常にマイナスからのスタートになる。だからこそ、ポジションを持った後にさらに値段が逆に行くリスクは避けたい。2本先のローソク足が想像できるようになると、そのリスクは抑えられる」という。

例えば「ローソク足にひげがたくさん出ている日はトレンドが出づらく、利益がとりにくいのでトレードしない」とか、その逆に「ローソク足のひげが短くて、きれいに並んでいる日はトレンドが出やすいので、取引金額を多めにする」と語ってくれたが、こうした値動きの特徴も、トレードにすぐに役立ちそうなポイントだ。

利益を確定する時はどうするのか。「欲をかかず、ほどほどのところで『勝ち逃げ』する。下落相場の場合、直近の安値近辺で手じまえば、『陰線の実体部分の最下点』で利食いできる。節目まで来たら、いったんは反発するのが相場だから」という。

また、「勝つためには、スプレッドが比較的安定していて、サーバーが安定しているFX会社で取引することも大切。以前、大きなイベントの時などに取引したくてもできないことがあった」からだ。「あるFX会社が、自動ログアウト時間を大幅に延長したが、これはシステムやサーバーが安定している証拠」だという。

次ページ仕事をしていてもロンドン&NYセッションで勝負
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • CSR企業総覧
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
漂流する東芝<br>舵取りなき12万人の悲運

再出発したはずの東芝の漂流が止まりません。再建請負人の車谷暢昭社長が電撃辞任。緊張感が増すファンドとの攻防や成長戦略の構築など課題は山積しています。従業員12万人を超える巨艦企業はどこに向かうのでしょうか。

東洋経済education×ICT