カリフォルニア州、世界6位の経済規模に

フランスを抜き去った

 6月17日、2015年は米カリフォルニア州の経済規模がフランスを抜いて世界第6位だったことが明らかになった。同州はシリコンバレーやハリウッドなど多様で力強い経済拠点を保有。深刻な干ばつのなかでも、農業などが好調だったという。写真は農場の様子。オックスナードで昨年2月撮影(2016年 ロイター/Lucy Nicholson)

[サンフランシスコ 17日 ロイター] - 2015年は米カリフォルニア州の経済規模が、フランスを抜いて世界第6位だったことが明らかになった。州経済の活況と強い米ドル相場が支えとなった。

カリフォルニア州の6月の官報によると、同州の2015年の成長率は実質4.1%、総生産は2兆4600億ドルだった。

国際通貨基金(IMF)の統計によるとフランスの国内総生産(GDP)は2兆4200億ドルで世界第7位となり、インドは2兆0900億ドルで第8位だった。

州財務当局のチーフエコノミスト、イリーナ・アズムンドソン氏は、2014年のカリフォルニア州の順位は8位だったと指摘。電話インタビューで「2015年のカリフォルニア州は、極めて好調だった」と語った。

同氏によると、カリフォルニア州は、シリコンバレーやハリウッドなど多様で力強い経済拠点があり、深刻な干ばつのなかでも製造業と農業が好調だった。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 越湖信一のスーパーカー列伝
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
正規と非正規「格差訴訟」<br>判断が分かれた最高裁判決

非正規労働者が年末年始の待遇や病気休暇などについて正社員との格差是正を訴え、最高裁は格差は不合理で違法とする判決を出しました。一方で賞与や退職金についての格差是正はほぼ全面的に退ける判決も。非正規労働者の待遇は改善するのでしょうか。

東洋経済education×ICT