ランボルギーニ「ウラカン」はここまでスゴい

580馬力の後輪駆動モデルに乗ってみた

Lamborghini Huracán: Driven by Instinct

ウラカンLP580-2を操縦して感心するのは、とにかくナチュラルだということだ。サーキットでコーナーを曲がっていく挙動はいたってスムーズ。ステアリングホイールのわずかな動きにともなってノーズが内側を向き、後輪が車体をぐいっと押し出していく。ムリしているところがいっさい感じられない。フィリップアイランドのサーキットでは、楽しくて、運転していると思わず笑顔になるほどだ。

最高出力は8000rpm、540Nmの最大トルクはなんと6500rpmで発生という高回転型の設定ゆえ、エンジン回転をあげていくときの力の伸び感は頭の中が真っ白になるかんじだ。「ターボをもたない自然吸気エンジンのよさを堪能してほしい」。前出の研究開発部門の責任者リカルド・ベッティーニ氏の言葉にあるように、5.2リッターエンジンの性能を味わいつくすような感覚はなんともぜいたくである。

一体感はどのモードでも強くかんじられる

ステアリングホールスポークに設置されたドライビングモードセレクター(「アニマ(魂)」と名づけられている)は通常「ストラーダ」(ストリート)だが、「スポーツ」を選べばよりエンジンのレスポンスはより活き活きとしてくる。「コルサ」(レース)ではドライバーとの一体感がより強くなる。とりわけコルサを選択すと、瞬間的に弾けるような排気音が背後で響きわたる。演出好感も抜群だ。

一体感はどのモードでも強くかんじられる。そこがスーパースポーツとしての出来のよさだ。540Nmの大トルクの75パーセントを1000rpmで発生。加えて微妙なアクセルワークによる速度コントロール性のよさ。車重も1389kgしかないし、ウラカンLP580-2は1924mmも車幅があっても、まったく大きさを感じさせない。すばらしく出来のよいスポーツシューズのようだ。自分の思い通りにクルマは動いてくれるイメージだ。

電子デバイスも、じつは最新のものが組み込まれている。3軸のジャイロセンサーが車両の挙動をつねにモニターし、コンピューターはそれに応じて出力を調整していくのだ。「ストラーダ」モードではそのせいもあり、路面が滑りやすくても、アクセルペダル踏み込みすぎによるパワースライドを起こすことはない。「ショッピングにも使えるスーパースポーツ」というのがウラカンのうれこみのひとつだけれど、実際、信頼できる日常のパートナーなのだ。毎日ウラカンLP580-2に乗っていられたら、楽しい人生が送れるのは間違いない。

(文:小川 フミオ)

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • グローバルアイ
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
トレンドライブラリーAD
人気の動画
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT