40代、あなたはサバイバルできますか?

デフレキャリア時代に、必要な営業力

と、嘆いているのではないでしょうか。

そんな嘆きを生み出す原因は、社内の人事評価にあります。近年、人事評価による年収格差が、比較的若いうちから出てくるようになりました。取材した情報通信機器の商社では、35歳でなんと300万円以上の年収格差が出ていました。

同じ職場における年収格差はここ10年で広まってきたと感じます。しかも若いうちから差が開くことで、将来に対する絶望感を高めるビジネスパーソンが増えている気がしてなりません。それだけ、若いうちの人事評価がキャリア人生の大きなターニングポイントになるのです。

さて、会社で評価の高い人材は、本当に能力が高いのでしょうか?それよりも、社内における評判の高さや、人間関係の巧みさが高い評価の理由だと感じませんか?ちょうど、取材した商社に勤務する佐藤さん(仮名)が

「そうなのです。私は口下手なのでいつも損な役回りばかり。ところが、同僚の山口さん(仮名)は自分の活躍ぶりを巧みに上司や周囲に伝えて、高い評価を得ています。ずるいと思いますが、仕方ないのでしょうか?」

と自身の置かれた状況に対する不満をぶちまけてくれました。ただ、この不満は同情に値するものではありません。残念ながら、自分の仕事ぶりをアピールできないこと自体が、ビジネスパーソンとして問題と捉えるべき時代になったからです。

普通レベルの社員に、もうポストはない

これまでの会社は、言われたことならキチンこなせる「普通の社員」を重用していました。普通の社員でも十分の上のポスト、高い給料が提供できるくらい、会社の成長が担保されていたからです。

ところが、時代は変わり、普通に仕事ができるくらいの社員は、会社の都合で振り回されるようになりました。

業績が右肩上がりでない経営環境の会社には、潤沢な資金もポストもありません。会社の期待に応えることができる人材だけを、多少厚く処遇するので精一杯。つまり、普通の社員でいることは、自身のキャリア環境をデフレ化させるだけなのです。

次ページフツー社員、さあ、どうする!?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 本当は怖い住宅購入
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和を生きる若者のための問題解決法講座
  • 精神医療を問う
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
台湾と中国のデジタルは違う<br>唐鳳・台湾デジタル大臣に聞く

台湾を代表する天才プログラマーの名声を得て15歳で起業した唐鳳氏。「デジタル民主主義」「開かれた政府」を体現した38歳の若き大臣が、これまでの実績、日本や中国との比較、IT教育やITの未来などについて胸の内を語りました。

  • 新刊
  • ランキング