伊藤忠があのドールを自社ブランド化

バナナシェア低い中国で攻勢

「安心安全な青果物の需要が中国で増えると見ている」と食料カンパニープレジデントでもある青木芳久専務は説明する。中国におけるパイナップルのドールのシェアは48%と1位だが、バナナは12%しかない。

また、「加工食品も地域別の売り上げ構成比でアジアは13%のウエイトしかなく、拡大余地がある」(青木専務)。伊藤忠は主力市場と位置づける中国で現地の有力資本と提携し、販売チャネルを増やす考えだ。ドールブランドの野菜への展開、メーカーと組んだ健康食品の開発も考えている。

来期の利益寄与は80億円

中国の独禁法審査が通常期間で終了すれば、来14年3月期には、EBITDAで2.3億ドル(約180億円)以上。そこから商標権約500億円の定額償却などを控除しても純益で80億円以上の貢献が見込める。

中国などでの施策や、リストラを実施することで、17年3月期には「既存事業のみでEBITDA2.5億ドル(約200億円)、純益100億円、新規事業も含めればEBITDAで3億ドル(約240億円)を目指したい」(青木専務)と、伊藤忠では試算している。

 

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 最新の週刊東洋経済
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
頂上決戦!ユニクロvs. ZARA<br>ファストファッション新時代

「フォーエバー21」が経営破綻し「H&M」も販売不振。世界のアパレル市場をリードするのは、首位を独走する「ZARA」と、猛追する「ユニクロ」となった。両社に加え、新興勢力の「ワークマン」「デカトロン」も含めた勝ち残り合戦を追う。