NATOは、プーチン大統領をどう苛立たせたか

ロシアへの軍事的圧力を一気に強化している

オバマ大統領が2009年に就任した当初は、ブッシュ前政権時に築かれた破滅的な外交政策のがれきから、自らを掘り出さなければならなかった。オバマ大統領は、ロシアとの関係を「リセット」すると宣言。米ロ対立の火種となっていた東欧におけるミサイル防衛計画の凍結を発表した。

最終的には、東欧同盟諸国が関与する計画を破棄するのは政治的に難しいとの理由で、オバマ大統領はミサイル防衛網の簡易版を承認している。ロシアの戦略核兵器をターゲットとすることは禁じられているものの、ロシアにとってはNATO封じ込め策の一例として役立っている。

ロシアは気難しい隣人

オバマ大統領は当初、共通の関心事についてはプーチン大統領と協力し、他の事柄については可能な限り無視し続けることを望んでいた。同大統領は、ロシアを今も苦しめているポスト帝国主義の幻肢痛を理解できなかった。

オバマ大統領が「核なき未来」について語った時、ロシアの唯一信頼できる抑止力について、はく奪されるべきだと発言するのをプーチン大統領は耳にした。米政権がアジアに軸足を動かし、米軍の最後の戦車が2013年にドイツを後にした時には、ロシア政府は、米国の欧州へのコミットメント低下と受け止めた。

プーチン大統領による電光石火のクリミア占領と東ウクライナでの武装反乱はNATOを驚かせた。東欧諸国がロシア政府の意図を依然警戒しているとしても、他のNATO加盟国はロシアをこそこそした敵とみるよりも、気難しい隣人とみなすようになってきた。

米軍やドイツ軍のローテーション配備という東欧諸国を安心させるNATOの試みは、欧州の均衡を回復させるための重大な一歩となる。しかし、ミサイル防衛は、ロシアに何らの真の脅威を与えることのない政争の具だ。東欧諸国が米軍配備を得るためにそれを利用する一方、ロシアは、封じ込めというお化けだと申し立てることができる。

米国は、無知や傲慢、怠慢さを通じて、プーチン大統領を苛立たせてきたかもしれないが、好戦性を通じてではない。そのせいで、NATOはこれほどまで狂ったようにして追いつこうとしているのだ。

Lucian Kim/筆者は1996年以降、ドイツや東欧、旧ソ連諸国からリポートを続け、コソボやアフガニスタン、ジョージアやウクライナの紛争を取材。ブルームバーグのモスクワ支局やクリスチャン・サイエンス・モニター紙のベルリン支局で特派員を務めた経歴を持つ。

*本コラムは筆者の個人的見解に基づいて書かれています。

*このドキュメントにおけるニュース、取引価格、データ及びその他の情報などのコンテンツはあくまでも利用者の個人使用のみのためにロイターのコラムニストによって提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。このドキュメントの当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。このドキュメントの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。ロイターはコンテンツの信頼性を確保するよう合理的な努力をしていますが、コラムニストによって提供されたいかなる見解又は意見は当該コラムニスト自身の見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • ドラマな日常、日常にドラマ
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT